読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束のカタコンベ

通り過ぎた道はすでに 僕の中じゃどうでもいいこと

ある優しき殺人者の記録 感想「ワンカットの奇跡」

「ある優しき殺人者の記録」という映画を観た。

 

連続殺人犯へのインタビューを敢行するため、ジャーナリストが日本人カメラマンを引き連れて廃屋となったマンションへと向かう。

一台のハンディカメラだけで進行する所謂POV作品で、全編86分ワンカットという長回し演出はやはり目を見張る。これにより緊張感が途切れることなく続いていたように思う。

 

中盤からはバイオレンス描写に拍車がかかり、刃物やら罵声やらが飛び交うまさに地獄絵図のようなものが広がっていく。果たしてこの映画には一体どのような顛末が待ち受けているのか!?と思っていたら・・・何とも衝撃的なラストが。凄かった。この手の映画では珍しい締め方だと思うし、絶妙な後味が残った。寝る前に鑑賞したので観終わった後大丈夫かなとか心配していたが、杞憂に終わってよかった。

ちなみに、日本人夫婦の女の方がやけに艶っぽいと思ったら、演じていたのがセクシー女優の葵つかささんとのこと。欲情シーン(!)は必見である。

 

殺人者であるサンジュンの台詞で今から起こす奇跡をカメラに収めて映画にするんだ的なものがあったけど、そういうのも今思えばメタ発言だったなと。演出含め芸が細かいので、もう一度観ると新しい発見がありそうではある。

 

確かにこの作品は、読んで字の如く"ある優しき殺人者の記録"だろう。