読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束のカタコンベ

春一番よりもセンセーション

星野源 LIVE TOUR 2016 "YELLOW VOYAGE"@さいたまスーパーアリーナ ライブレポート

ライブレポート 音楽 星野源

2016年1月23日・24日開催の『星野源 LIVE TOUR 2016 "YELLOW VOYAGE"』埼玉公演に両日行って来た。

 

f:id:purukogidon:20160126045944j:plain

 

現在ツアー開催期間中のため、ライブ内容に極力触れないようにしつつ簡単に所感を綴っていきます。

 

YELLOW VOYAGE

自身の全国ツアーとしては約2年ぶりで、今回の埼玉公演の会場となったさいたまスーパーアリーナは言わずもがな過去最大級のキャパシティ。

両日、スタンド席で観ていたが、改めて俯瞰してみると広い会場と大勢の観客に圧倒される壮観な光景だった。

昨年12月に発売した4thアルバム『YELLOW DANCER』を中心に、煌びやかだけどいつもの星野源らしいライブが展開されていたと思う。バンドメンバーに加え、ダンサーも勢揃いでとにかく会場一体となって踊る場面が多かった。

 

今回もナレーションからビデオメッセージまで、そうそうたる面々が登場して度肝を抜かされた。星野源さんのこの人脈の広さたるや。ナレーションに関しては、星野さんがラストのMCでその方の代表作の"メタルギア"*1をさりげなく挙げていたけど、会場のリアクションが割と小さくて皆メタルギア知らないのかよ!と思った。レジェンドですよ!

 

1日目、例のインスト曲のマリンバの出だしを間違えたということで、演奏終了後すぐに「もう一回やってもいい?」とやり直していたのは流石リーダーと言ったところか。2回やり直して満足のいく結果になったみたい。

そして2日目、恒例の「あと○曲で終わりです」に「えーッ!」と返すくだり。観客のリアクションがここでもショボくて星野源さんが「渋谷クアトロかな?」と呟いた場面が面白かった。

 

全体を通して、心ゆくまで歌って踊れるライブで楽しかった。1日目は後半の途中までほぼ座って観ていたけれど、2日目はもう開幕から踊ってやるぜ!と言わんばかりに立ち上がってクラップしたり肩を揺らしたりしてライブを堪能した。

間違いなくこの2日間さいたまスーパーアリーナダンスステージへと変貌を遂げていたと思う…!素晴らしき音楽の旅でした。

 

等身大ニセ明パネル

f:id:purukogidon:20160126055658j:plain

星野源さんに匹敵する人気を誇るニセ明さんの等身大パネルを会場内で発見。

こちらは撮影ブースにもなっていたが、ニセさんと一緒に記念写真を撮ろうとする人達*2で長蛇の列が形成されていて、改めてニセさんが皆から愛されていることを実感した。

 

フラワースタンド写真(一部)

f:id:purukogidon:20160126050017j:plain

f:id:purukogidon:20160126050023j:plain

f:id:purukogidon:20160126050028j:plain

f:id:purukogidon:20160126050024j:plain

ん!?これは!スーパースケベタイム師匠って書いてあるぞ!

 

*1:言わずと知れた大人気シリーズ。全世界で大ヒット。作品名でナレーションの方を特定できちゃう可能性があるので伏せました。※追記:やっぱり伏せなくていいか。リキッド・スネークだよ!

*2:星野さんもMCで触れていたが、列の先頭の人がその都度代わる代わるスマホ持って撮ってあげる流れができあがっていたとか。そこから恋が始まっちゃえばいい!とのこと。