読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束のカタコンベ

春一番よりもセンセーション

ゼロ・グラビティ 感想「90分間の無重力体験」

映画

先日、『ゼロ・グラビティ』という映画を観て来た。

とりあえず一言で表すならば“スペースパニックムービー”である。
宇宙空間で不慮の事故に巻き込まれてさあ大変…という内容。

無重力という理不尽極まりない状況の中、藁にも縋る思いで脱出を図ろうとするわけだ。

その顛末を観客は90分間見守る…のではなく、“体験する”のだ!

実際、3Dが持つポテンシャルを最大限に発揮できていたと思う。
人工衛星の破片が猛スピードで飛んでくる描写一つとっても、それが(疑似的なものではあるが)目前に飛び出してこなければ迫力は間違いなく半減していただろう。

3Dを利用した作品は星の数ほどあるが、「これ別に3Dじゃなくてもいいじゃん」と思われたらそれまでである。
だが、この『ゼロ・グラビティ』こそまさに3Dコンテンツのあるべき姿だと感じた。

本編90分という時間設定は絶妙というか、これ以上やったらギブアップする観客が出ちゃうんじゃないかというレベルである。
要するに、結構疲れます。
観終わった後は3Dメガネを外して思いっきり背伸びがしたくなるはず。

この映画の醍醐味は、あたかも無重力体験をしているかのような感覚に陥るところにある。
一人称視点になる場面が度々出てくるのもそれを意図してのことかもしれない。

今後『ゼロ・グラビティ』がソフト化あるいはテレビ放映されて、結局自宅で鑑賞するというのは非常に勿体ない。
映画館に足を運び、あの巨大なスクリーンとサラウンド環境で観ることに大きな意味がある。 鑑賞料金は若干割高だが、それだけの対価を支払う価値はある。 ちなみに、鑑賞後は高確率で「宇宙なんてもう知らない!地球最高!」という思考に陥ると思われるので、そこは注意した方がいいかと。宇宙飛行士を目指しているお子さんとか気を付けて。とりあえず無重力体験をするにはうってつけの映画です。