約束のカタコンベ

午前6時 夢の中大きなあくび

"高垣彩陽クラシカルコンサート「Premio×Melodia」" コンサートCD購入者キャンペーン【B賞】スペシャルイベント【レポート】

高垣彩陽さん初のコンサートCD『Premio×Melodia』の発売を記念したスペシャルイベントに参加してきた。

 

f:id:purukogidon:20180822004232j:plain

 

開催概要は以下の通り。

 

"高垣彩陽クラシカルコンサート「Premio×Melodia」" コンサートCD購入者キャンペーン【B賞】スペシャルイベント
≪日程≫
2018年8月1日(水)
≪時間≫
開場19:30 / 開演20:00
≪場所≫
都内某所
≪出演≫
高垣彩陽

 

高垣さんのソロイベントはおよそ1年ぶりであったが、今回はゆったりとした雰囲気でどこか心地よかった。

 

冒頭、会場付近の駄菓子バーが非常に気になるという話から、『高垣彩陽の明日も晴レルヤ』*1で発表した4thカバーミニアルバム「melodia 4」について。このイベントの一つ前、店舗開催分終了からの空き時間にCDジャケットを選定したという。AからDまでの4パターンの中で、「Aで"ええ"んじゃないか~!?」という恒例のダジャレでAに決定したとのこと。

 

本イベントでは、2016年11月13日にBunkamuraオーチャードホールにて開催された"Premio×Melodia"の資料用定点カメラ映像が今日限りで一部上映された。映像の切り取りを担当したのはもちろん高垣さんで、CDに収録されていないトークが中心となった。

「The Sound of Music」でパーカッション担当者の人の手の数に感心する高垣さん。

「Quel Guardo Il Cavaliere」の曲説明時は、マエストロの後藤さんが立ったあと饒舌になる高垣さんが映像に収められていた。

「Time To Say Goodbye」では、共演したMITSUAKIさんがお水を飲むときに「お茶どう?(オーチャード)」というダジャレを言えなかったことを未だに後悔している話も飛び出した。

 

最後は、10月開催の「Memoria×MelodiaⅡ」への抱負を述べつつ、「皆さんが日々をちょっとでも頑張ろうと思えるような、そんなエッセンスになれたら。下半期もよろしくお願いします」と挨拶して20:32終演。

退場時、ステージ下手・上手・中央でややオーバーな感じで(?)礼をする彩陽さんが印象的だった。コンサート楽しみだな。

 

 

“高垣彩陽クラシカルコンサート「Premio×Melodia」

“高垣彩陽クラシカルコンサート「Premio×Melodia」" コンサートCD(完全生産限定盤)

 

*1:文化放送 超!A&G+毎週火曜26:00~。