約束のカタコンベ

通り過ぎた道はすでに 僕の中じゃどうでもいいこと

花澤香菜 live 2017 "Opportunity"@千葉・市川市文化会館 ライブレポート

花澤香菜さんの2017年ライブツアー『Opportunity』の千葉公演に参加してきた。

 

f:id:purukogidon:20170612232056j:plain

f:id:purukogidon:20170612224057j:plain

 

会場は市川市文化会館

公演概要は以下の通り。

 

花澤香菜 live 2017 "Opportunity"」

2017年4月15日(土)
オリンパスホール八王子 (東京) 開場 17:00 / 開演 18:00
2017年5月6日(土)
日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール (愛知) 開場 17:00 / 開演 18:00
2017年5月13日(土)
仙台電力ホール (宮城)開場 17:00 / 開演 18:00
2017年5月21日(日)
オリックス劇場 (大阪)開場 17:00 / 開演 18:00
2017年6月4日(日)
市川市文化会館 大ホール (千葉) 開場 17:00 / 開演 18:00
チケット :全席指定/ 7,344円 (税込) ※未就学児入場不可

http://www.hanazawakana-music.net/live2017/

 

今年2月22日にリリースした4thフルアルバム「Opportunity」を携えて敢行した全国ライブツアー。生バンド編成によるライブツアーは『花澤香菜 live 2015 "Blue Avenue"』以来2年ぶりとなった。

そんな『Opportunity』ツアーファイナル公演の模様を振り返ってみたいと思う。

 

2017年6月4日(日)花澤香菜 live 2017 "Opportunity"@千葉・市川市文化会館 セットリスト
01. スウィンギング・ガール
02. FRIENDS FOREVER
03. 滞空時間
04. カレイドスコープ
05. 透明な女の子
06. Opportunity
07. ざらざら
08. あたらしいうた
09. 星結ぶとき
10. Marmalade Jam
11. brilliant
12. 雲に歌えば
13. FLOWER MARKET
14. Seasons always change
15. Blue Water
<encore>
16. Merry Go Round
17. We Are So in Love
18. Saturday Night Musical♪
<double encore>
19. 恋する惑星
20. 星空☆ディスティネーション

 

「ファイナル千葉!盛り上がっていこう~!」とウエディングドレス風衣装の花澤さんが登場し、1曲目はアルバム同様「スウィンギング・ガール」からスタート。

「FRIENDS FOREVER」はクラップが小気味よくハマっていた。アウトロも心地よかった。

 

「千葉のみんな!落花生剥いてる~!?」という掛け声とともに最初のMC。

曰く、全国ツアーで千葉を訪れるのは史上初のことで、何よりこうしてツアーファイナルを迎えるのがあっという間に感じたとか。

ちなみに、今回のツアーでは各地にまつわる名産品を公演ごとに挙げてきたらしい。それに関連して、大阪公演終了後の打ち上げはコース形式だったらしく、サラダが連続で運ばれてきて嬉しかった的な話もしていた。

 

UKサウンドをテーマに制作されたアルバムにちなんで、会場セットはUKの街並みを彷彿とさせるデザインとなっていた。

花澤さん「会場をイギリスに・・・みんなイギリスに来た気分になれると思います!」

そんなUKの温度感を覚えさせながら、「まあ今日は土曜日ですからねっ!色んなことを忘れて楽しんでもらえれば・・・」と花澤さんが話したところで会場がざわつき始める。

「えっ、今日土曜日じゃないの!?あたし絶対土曜日だと思ってたよ~!・・・やっちまったな~」とまさかの曜日間違いをする花澤さんがユルくて良かった。

「もう今のは忘れてください!明日月曜日で仕事とか関係ない!」

 

なお、本公演には映像収録のカメラが入っていた。それを良いことに(?)花澤さんがカメラに向かっておちゃらけたポーズをとっていた。

「これがDVDの表紙になったらどうしよう!?」

 

「滞空時間」は打ち込みが印象的。絶妙な浮遊感がたまらなかった。

緑を基調とした衣装にチェンジした際は、「このジーンズももう着れないんだなぁ…」と名残惜しい感じだった。

透明な女の子」は原曲キーより半音上げたバージョンだった。

特にUKの空気感をイメージしたという「Opportunity」はアルバムの軸となる曲。花澤さんの透き通ったボーカルが冴え渡った。

 

MCでは「パンの話してもいいですか!?」とパン大好き花澤さんのパントークが炸裂した。市川駅近くのお店のベーグルが美味しいという話。雑穀ベーグルとかシナモンレーズンベーグルとか、自分の好きなようにベーグルをカスタマイズできるらしい。とにかくアツいパントークが繰り広げられていた。

あと、今回のツアーグッズを紹介していたが、特にトートバッグについては「フランスパンがちょうど入る大きさになってます!」と強調していた。

 

「雲に歌えば」では、一緒に踊りましょうということで花澤さんによる振り付け講座が行われた。≪トゥットゥットゥー トゥットゥルットゥー≫の部分でOKマークを作って口の前で動かしたり腕を上げたりするキュートな振り付け。「みんな上手だね~!」と本人が感心するレベルで会場の息はピッタリだった。

『Opportunity』収録曲を隅から隅までなぞる至福の時間は、気付けばあっという間に過ぎていった。本編ラストは「Blue Water」。深海をどこまでも潜っていくかのような幽玄な楽曲で幕を閉じた。

 

アンコールでは2nd AL『25』収録の「Merry Go Round」を披露した。この煌びやかさたるや・・・ライブの定番曲と言っても過言ではないと思う。『25』ツアーのときはなぜか聴けなかったので今回聴けて嬉しかった。バキュンバキュンとハートを撃ち抜くような振り付けが超キュート。前日に自宅でライブ映像観ながら確認しておいて良かった・・・!

続けて「We Are So in Love」。3rd AL『Blue Avenue』収録曲。銀河を彷彿とさせるスケール感とともに花澤さんの世界観が表現されていた。

 

ここで、4月からソニーミュージックの新レーベルである"SACRA MUSIC"に移籍したという話題に。既にSACRA MUSICの所属だが、特別にこの『Opportunity』ツアーが終わるまではアニプレックスのスタッフと一緒にライブができるということで嬉しかったようだ。日本テレビ『スッキリ!!』出演時のエピソードも飛び出し、「本番前、私よりもスタッフのみんなの方が緊張してたんだよ・・・!」と裏話を語っていた。

あと、デビュー当時、アニプレックスの山内さんが一生懸命パワーポイントを作って"花澤香菜の魅力"を伝えてくれたことにも感謝しているとか。

「最後は楽しい曲をやって終わりましょう!」と歌唱したのは「Saturday Night Musical♪」。こちらもコールの掛け合いで大いに盛り上がった。

 

ダブルアンコールでは「恋する惑星」、そしてデビュー曲である「星空☆ディスティネーション」を披露した。ミラーボールが煌びやかに会場を照らしていた。

「みんなの声援が私の挑戦のためのパワーになります。いつになるかは分かりませんが、また絶対ライブをやりますので、是非遊びに来てください」

20:40終演。演奏に、声に、とっても癒されました。映像化が待ち遠しい。

 

 

f:id:purukogidon:20170628010121j:plain

 

フラワースタンドNHK『NAOMIの部屋』とか。

 

f:id:purukogidon:20170628005806j:plain

 

お馴染み、花澤香菜VISAカード。会場で入会申込する人もチラホラ見かけた。

 

f:id:purukogidon:20170628005816j:plain

 

ちなみに、この花澤香菜VISAカードの実寸大パネルを持って記念撮影もできた。

 

f:id:purukogidon:20170628010320j:plain

 

物販では色々と買ってしまった。写真にはないが初主演映画『君がいなくちゃだめなんだBlu-rayも購入したので(特典ポスター目当て)、後日鑑賞したいと思う。ところで、恒例グッズであるUSBフラッシュメモリ"カナービー"を買ったことにより、スマホの通知音から着信音まで全て花澤香菜ボイスに変更できた。耳が幸せ。

 

f:id:purukogidon:20170628010339j:plain

 

さて、この花澤屋ポテトチップス~香菜味~はいつ食べようか・・・。