読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束のカタコンベ

春一番よりもセンセーション

死に物狂いのストレンジャー

昨日の『星野源オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で今年5月発売予定の『Music Video Tour 2010-2017』についての話をしていたが、ふと3rdアルバム『Stranger』リリース時にスペシャで流れた星野源特番のことを思い出した。

 

その特番とはCS・スペースシャワーTVにて2013年5月18日に放送された『死に物狂いのストレンジャー』。監督はお馴染み山岸聖太氏。タイトルロゴは大原大次郎氏が担当。星野源さんとその関係者へのインタビューとともに、スペシャに残る貴重なアーカイブ映像を交えながら進行する1時間特番。これまた素晴らしい番組なので大事に録画を保存している。

いつもの山岸ディレクションのシングル初回盤付属DVDに近い感覚で観れるのも良い。『ボーズのマルマルタイム』を彷彿とさせるノイローゼ演出っぽいものをやりつつも、しっかりと音楽特番として成立させているところが流石だ。最後の方はグッときてしまった。ちなみに、ナレーションを務めるはあの生活純子こと小林由梨さん!故・ファミ通WAVEファン垂涎の内容でもあるのは間違いない。

 

『Stranger』の完成秘話に留まらず、星野さんがAVを大量に買い込んで店を出たら山岸Dとバッタリ遭遇してしまったとか、AV女優の握手会に行ってみたいとか、そういう全く関係ない面白エピソードも飛び出すので貴重。「夢の外へ」MVに出演した井出さんがインタビューで「星野くんキ○ガイみたいな踊りしてた」的なことを言ってたのも笑った。

それにしても"死に物狂いのストレンジャー"というタイトルは何度見ても最高だ。『Stranger』も名盤だと思う。

 

Stranger

Stranger