読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束のカタコンベ

夜明けの街

TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017「SOUND & VISION」

ライブレポート 音楽

昨日はTOKYO MUSIC ODYSSEY 2017「SOUND & VISION」へ。

 

f:id:purukogidon:20170304235831j:plain

f:id:purukogidon:20170305000640j:plain

 

会場は渋谷WWW X。

 

TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017「SOUND & VISION」
【公演日】2017年3月3日(金)
【場所】Shibuya WWW X
【時間】OPEN18:00/START19:00
【出演】きのこ帝国 × MITCH NAKANO / DAOKO × Kezzardrix+backspacetokyo / HIFANA × GRVJ

 

スペースシャワーTV主催・企画によるライブイベント。"MUSIC×CREATIVE"をテーマに、ミュージシャンとクリエイターがコラボしこの日だけの音楽・映像体験を実現した。

完全にきのこ帝国目当てで観に行ったが、他のアーティストのライブもなかなか楽しかった。

スペシャのイベントということでスペシャのカメラが入っていた。帰り際インタビューを受けている人もいた。

 

f:id:purukogidon:20170305000918j:plain

 

タイムテーブルがあらかじめ張り出されていた(というか公式サイトでも公開されていた)ので大体の流れは事前に把握できた。20:30~の企画は4月にスペシャで放送する宇多田ヒカル特番の先行上映ということだった。

 

最初のライブはDAOKO。tofubeats楽曲のリアレンジである「水星」が特に良かった。映像演出も楽曲のイメージに合っていてお洒落だったし、この曲を渋谷で夜に聴けるなんて贅沢だなと思った。「ShibuyaK」の振り付けも気に入った。これもMIKIKO先生の振り付けらしい。

あとは専門学校HALのCM曲でおなじみ「ダイスキ with TeddyLoid」とか。今度TSUTAYA行かないと。

HIFANAはプログラミング・シーケンスを一切使わない生の打ち込みによるサウンドが新鮮でイカしていた。

 

きのこ帝国は4曲のパフォーマンスではあったが、短いながらも濃い時間だった。バックで流れた独特な映像は楽曲のスケール感をより際立たせていた。「FLOWER GIRL」は意外とライブで演奏するのは珍しい楽曲とのことで貴重だった。後半にかけて盛り上がっていくバンドサウンドが圧巻。

最新アルバム『愛のゆくえ』からは「MOON WALK」「LAST DANCE」が選曲された。どちらも心地良い浮遊感。アルバムとは逆の流れなのでまた印象が違った。

最後は「足首」を披露し終了。アンコールはなし。

佐藤千亜妃さんの歌にも聴き入ってしまった。

また別な機会できのこ帝国のライブ観たい。

 

f:id:purukogidon:20170305000538j:plain

f:id:purukogidon:20170305000602j:plain

 

きのこ帝国のサインはこんな感じ。