約束のカタコンベ

月の明かり 確かめて また今夜も眠ろう

THE KIDS are Alright

今最もキテるバンド(暫定)、Suchmosの2ndアルバム『THE KIDS』。

 

THE KIDS(通常盤)

 

まずは2017年の初っ端からこんな凄まじいアルバムを届けてくれてありがとうSuchmosと声高に叫びたいくらいだが、隅から隅までスタイリッシュでソウルフルな楽曲が揃っている。

前作『THE BAY』は「Miree」や「Fallin'」など、聴いているだけで心地良くなれるような開放感の強いナンバーが多く、それこそ彼らのホームである茅ヶ崎のイメージが思い浮かんだ。そんな前作と比較すると今作はより都会的になったというか、ブラック色の濃いディープなサウンドが展開されているように感じた。かと言って聴き疲れすることはなく、肩の力を抜いて聴いていてもすんなりと入ってくる絶妙なテンポがまた魅力である。

 

リードトラックの「A.G.I.T.」がもういきなり反則的なくらいスタイリッシュ。スタジアムロックを彷彿とさせる壮大さ含め、ギターの唸りがカッコ良過ぎる。テレビCMとのタイアップによりバンドの知名度を一気に押し上げた「STAY TUNE」は今更説明するまでもないキラーチューンだが、さらっと2曲目に配置するところが上手い。前曲からの流れもスムーズで、決してこの曲でアルバムのバランスが揺らぐということはない(それくらい全体的なクオリティが高いということか)。

「PINKVIBES」のクールな温度感が非常に好き。「TOBACCO」の挑発的な歌詞はメロディーにハマっている。「SNOOZE」「DUMBO」のグルーヴもじわりじわりと効いてくる。

インストゥルメンタル「INTERLUDE S.G.S.4」からの後半はより一層ロックサウンドが熱を帯びて盛り上がってくるのでシビれる。「MINT」から「SEAWEED」という爽やかでメロディアスな2曲の流れが良いし、「ARE WE ALONE」は街の静寂さを感じさせるようだ。丁寧にグルーヴィな音を掻き鳴らす「BODY」は落ち着いたテンポでアルバムの締めに相応しい。

 

破竹の勢いで人気を獲得しているこのタイミングで、売れ線を狙うことを優先せず、あくまでも俺たちは俺たちなんだと標榜するかのように、自分たちのやりたい音楽をひたすら突き詰めるその姿勢がめちゃくちゃカッコ良いのである。ようやく野心ある骨太なバンドが出てきたな、と。『THE KIDS』、とにかく必聴の一枚。

ちなみに初回盤DVDに収録のライブ映像も最高だった。繰り返し観たい。

 


Suchmos "A.G.I.T." (Official Music Video)