約束のカタコンベ

午前6時 夢の中大きなあくび

ニッポン放送 オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON VOL.5

先週の土曜日『オールナイトニッポン』の50周年記念イベントに行って来た。

会場は国立代々木競技場 第一体育館。

 

開催概要は以下の通り。

 

ニッポン放送 オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON Vol.5
【日時】2017年2月4日(土)開場 15:30/開演 16:30
【場所】国立代々木競技場第一体育館
【チケット代】全席指定 7,900円 (税込)
【出演】星野源/back number/井上苑子/WANIMA/乃木坂46/ニューヨーク/三四郎

 

ニッポン放送を代表するラジオ番組『オールナイトニッポン』の放送開始50周年を記念し、各曜日のパーソナリティが一同に集結。歌や踊り、笑いで盛り上がった。

MCは金曜ANN担当・三代目J Soul Brothers山下健二郎さん。

ちなみに、前説では土曜ANN担当のオードリーが映像出演した。いつものオードリーワールドが展開されていた。春日さんの「どうせ会場は星野源さんのファンがほとんどでしょうね・・・」的な発言で笑った。

パーソナリティ登場時は星野源さんによるマリンバのANNジングルが毎回流れた。

 

トップバッターは月曜ANN0担当の井上苑子さん。

最後に披露した新曲「メッセージ」はライブ初披露ということで、まだ歌いこなせていない感じだったが可愛らしかった。

ライブ終了後は山下さんと一緒に"いい女語録"のコーナーを敢行。二人とも関西弁が流暢だった。

 

続いて火曜ANN0担当のWANIMAが登場。

MCからして本当に人のよさそうなあんちゃんだった。そんな独特なMCのペースとは裏腹に、パワフルなライブを見せてくれた。「ともに」のパフォーマンスが熱かった。

ステージ転換中に木曜ANN0担当のニューヨークがネタを披露。つかみの嶋佐さんの「ミヤネ屋の宮根さんに似てる」のくだりで笑った。今回やった"バイト先の人"のネタは以前テレビ番組で観たことがあったが、生で観れて良かった。

 

水曜ANN0担当の乃木坂46新内眞衣さんは、この日限りの9人編成でパフォーマンス。「制服のマネキン」「裸足でSummer」の2曲を披露した。

新内さん、ニッポン放送の関連会社でOLをしつつアイドル活動に勤しんでいるとは知らなかったので驚いた。給料は両方で貰っているか、という質問に対して言葉を濁していたのが面白かった。

 

続いて火曜ANN担当のback numberがパフォーマンス。「青い春」や「花束」などの代表曲を多く披露した。

「歌詞が出てこない!」とMCで話していた通り、前半は結構歌が飛んでいた。ボーカルの清水さんはガチへこみしていた。

「高嶺の花子さん」からの「スーパースターになったら」は鉄板の流れである。

ステージ転換中は金曜ANN0担当の三四郎が登場。会場の「小宮ー!」の呼び捨てコールに対して、「小宮さんだろ!?」と返すやり取りがハマっていた。「ジャンボ鶴田はこう!」のあの動きが見れて良かった。

 

木曜ANN担当の岡村隆史はビデオメッセージで登場した。一般公募していたANN50周年記念ロゴの最優秀作品をこの場で発表するというものだった。選ばれたのは大分のジョニー・ヒロテツさん。この場で表彰式が行われた。ちなみにback numberの3人もロゴを作って発表していたが、「やっぱり敵わないな」と呟いていた。

三代目J Soul Brothersの山下さんは特別企画として、番組リスナーと一緒に「Welcome to TOKYO」のダンスパフォーマンスを披露した。二人は秋田県在住の中学生と高校生。山下さんが動画をチェックした上で選んだそうだ。

 

本イベントをトリを務めたのが、月曜ANN担当の星野源さん。モニターに映し出されたとき、今日一番なんじゃないかというレベルの凄まじい声援。

1曲目「地獄でなぜ悪い」で開幕。「飛び跳ねろー!」と観客を煽っていたのが印象的だった。「SUN」のサビ後ろの≪Ah Ah≫はみんなで合唱。「くだらないの中に」はこの前のライブに引き続きハンドマイクで歌唱していた。

続いて、自身が制作したANN50周年オリジナルジングルの中から、事前に投票で1位だったものを披露した。「もう二度と演奏しないと思います」と念を押していただけあり、非常に贅沢で貴重な生演奏であったと言える。圧倒的1位で選ばれ今回演奏したのが、ヘビメタ調のあのジングル*1。ギターを歪ませたときの音がカッコよかった。最後の(ウ~~~ワオ!)は観客も一緒に振り付け。楽しかった。

「みんなの踊りを見せてくれ」と話しつつ「Week End」へ。土曜日に聴くこの曲はたまらなかった。「恋」では、1万2千人が一斉に踊る姿がとにかく圧巻だった。やはりこの曲のライブでの爆発力には目を見張るものがある。間奏でも「一緒に踊ろう!」と誘うなど、会場全体が"恋ダンス"に染まるさまが気持ち良かった。

彼のライブでは恒例のアンコール予告だが、「今日はイベントなので、アンコールはありません!」と事前報告。「これからもオールナイトニッポンをよろしくお願いします」ということで、最後に「Friend Ship」を披露した。

 

エンディングでは今回の出演者が全員登壇し、挨拶。1万2千人と記念撮影して終演。

なお、本公演の模様はCSのM-ON!TVにて4月に放送されるとのこと。そちらもチェックしておきたい。

 

2017年2月4日(土)ニッポン放送 オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON Vol.5 セットリスト

井上苑子
01. 大切な君へ
02. エール
03. メッセージ

 

WANIMA
01. THANX
02. いいから
03. 1106
04. BIG UP
05. ともに

 

乃木坂46
01. 制服のマネキン
02. 裸足でSummer

 

back number
01. 青い春
02. MOTTO
03. 花束
04. ハッピーエンド
05. ヒロイン
06. 003
07. 高嶺の花子さん
08. スーパースターになったら

 

星野源
01. 地獄でなぜ悪い
02. SUN
03. くだらないの中に
04. ~ヘビメタ調ジングル生披露~
05. Week End
06. 恋
07. Friend Ship

*1:2017年2月6日放送の『星野源オールナイトニッポン』でもこのジングルの生演奏バージョンが流れた。