読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束のカタコンベ

夜明けの街

ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA ライブレポート~あの小籠包になる日~

ライブレポート 音楽 アニメ 声優 井口裕香

今週水曜日、横浜アリーナにて開催された『ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA』に参加してきた。

 

f:id:purukogidon:20161125012708j:plain

 

以下、開催概要。

 

イベント名:
ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA

日時:
2016年11月23日(水・祝) 開場13:00 開演14:00

開催場所:
横浜アリーナ

出演アーティスト:
AKINO with bless4綾野ましろ井口裕香内田真礼、岸田教団&THE明星ロケッツ、GRANRODEO黒崎真音田所あずさ、DearDream、でんぱ組.inc南條愛乃Machico三森すずこ、May'n、Ray、和島あみ
(五十音順)

主催:
株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン

 

"アニメミュージックの魅力を世界へ"をコンセプトに、CSのアニメ専門チャンネル・アニマックスが毎年開催しているライブイベント。今回はその横浜公演に行って来た。初参戦である。

6時間超というスペシャルな公演となったこの『ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA』を振り返ってみたいと思う。

 

まずは第1部。最初にそれぞれのアーティストが登壇し会場を沸かせた。

 

2016年11月23日
ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA【第1部】セットリスト

黒崎真音
01. 『グリザイア』メドレー(刹那の果実~楽園の翼)
02. VERMILLION
03. DEAD OR LIE

綾野ましろ
04. Lotus Pain
05. ideal white

和島あみ
06. 幻想ドライブ
07. 永遠ループ

<スポーツアニメSELECTION!>
08. Machico×Ray×井口裕香 / Party Love~おっきくなりたい~[RO-KYU-BU!]
09. DearDream / SPLASH FREE[STYLE FIVE]
10. GRANRODEO / あなただけ見つめてる[大黒摩季]

内田真礼
11. Resonant Heart
12. からっぽカプセル

Machico
13. fantastic dreamer
14. 勇気のつばさ

田所あずさ
15. アンソリティア
16. 1HOPE SNIPER

ANIMAX MUSIX 横浜・大阪連動企画!大阪出演アーティストの楽曲を歌唱!>
17. May'n / TERMINATED[茅原実里]
18. 和島あみ×綾野ましろ×Ray / Loop-the-Loop[KOTOKO]
19. 黒崎真音×GRANRODEO / 君の中の英雄[Minami]

AKINO with bless4
20. cross the line
21. エクストラ・マジック・アワー
22. Let's Have A PARTY♪
23. 創聖のアクエリオン

三森すずこ
24. Xenotopia
25. ドキドキトキドキトキメキス♡
26. ユニバーページ

 

トップバッターは黒崎真音さん。「DEAD OR LIE」を今回ソロで歌唱した。TVアニメ『ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園- 未来編』OPテーマということで、作品の世界観に合った疾走感のある歌い方で良かった。この日に発売の新曲「VERMILLION」も披露し会場を盛り上げた。

綾野ましろさんは中央特設ステージで歌唱。白いペンライトの光が壮観。どこか北の大地を感じた。

和島あみさんは初出演だった。TVアニメ『迷家 -マヨイガ-』OPテーマの「幻想ドライブ」をパワフルに歌い上げていた。会場のお客さんの温かさが嬉しいと話していた。もうすぐ18歳になるとのこと。マジか。

 

【スポーツアニメSELECTION!】のコーナーでは、その名の通りスポーツアニメタイアップの楽曲から厳選してカバーが披露された。

まずは『ロウきゅーぶ!』EDテーマの「Party Love~おっきくなりたい~」。良いチョイス。Machicoさん・Rayさん・井口裕香さんでのスペシャルコラボ。『RO-KYU-BU!』を象徴する赤いユニフォームは今日だけの特別仕様で、3人とも似合っていた。井口さんのツインテールが可愛かった。

続いてDearDreamが『Free!』EDテーマの「SPLASH FREE」を披露。爽快感のあるナンバー。振り付けは興味深かった。

最後はGRANRODEOが『スラムダンク』より名曲「あなただけ見つめてる」をカバー。原曲キーで歌うという攻めの姿勢。大黒摩季氏のハイトーンボイスに迫る勢いだった。歌い出しミスってたが全然OK。

 

内田真礼さんは最新曲「Resonant Heart」と3rdシングル「からっぽカプセル」を披露。「からっぽカプセル」の"CASEコール"は数が増すにつれてまるで内田さんの手中に収まっていくかのようで巧妙だった。

その後、Machicoさん、田所あずささんとホリプロ勢が続いた。

fantastic dreamer」の王道アニソン感は安定していた。『この素晴らしい世界に祝福を!』2期+主題歌担当決定という報告も改めてあり会場が沸いた。

田所あずささんは「アンソリティア」「1HOPE SNIPER」とロックチューンを連続で披露。横浜アリーナのような広い会場だとシャウトがピッタリかも。

 

ANIMAX MUSIX 横浜・大阪連動企画!】と題し、大阪出演アーティストの楽曲を横浜で歌ってしまおうというコーナーもあった。大阪出演アーティストが指名する形で、指名されたアーティストは絶対だかんね!というルール。これもここでしか観れないコラボ。特にMay'nさんが歌った「TERMINATED」がクールで印象的だった。

AKINO with bless4は末っ子のAKIさんが復帰ということで、念願の全員揃った状態でのパフォーマンスだった。「Let's Have A PARTY♪」は会場のお客さんと一緒に振り付け。確かにパーティっぽかった。アニソンの代名詞とも言える「創聖のアクエリオン」もバッチリ決まっていた。

第1部のトリを飾ったアーティストは三森すずこさん。ANIMAX MUSIXには何かと縁のある人。曰く、『ANIMAX MUSIX 2016』の"2016"の読み方は"にせんじゅうろく"ではなく"トゥーサウザンドシックスティーン"らしい。「ウェーブっちゃう?」という本人たっての希望で会場全体でウェーブも。「ドキドキトキドキトキメキス♡」での投げキッスでハートを撃ち抜かれた人も多数いるのではないだろうか*1。ラストは「ユニバーページ」で会場を幸せな気持ちで包み込み前半戦が終了。

 

20分の休憩後、第2部へ。

 

2016年11月23日
ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA【第2部】セットリスト

<岸田教団&THE明星ロケッツ>
27. GATE~それは暁のように~
28. 天鏡のアルデラミン
29. Blood on the EDGE

ANIMAX MUSIX一夜限りのスペシャルユニット!>
30. 岸田教団 with bless4 / Shangri-La[angela]
31. みもりん組.でんぱ / ツッパリくんvs関取マン
[押本ユリ、新庄かなえ、高宮なすの、板東まりも]

井口裕香
32. 変わらない強さ
33. Lostorage

<Ray>
34. ♡km/h
35. 初めてガールズ!

ANIMAX MUSIX FAN SELECTION!>
36. 綾野ましろ / The Everlasting Guilty Crown[EGOIST]
37. 内田真礼 / 絵空事[nano.RIPE]
38. 南條愛乃 / ガーネット[奥華子]

<DearDream>
39. NEW STAR EVOLUTION
40. PLEASURE FLAG
41. シンアイなる夢へ!

でんぱ組.inc
42. 最Ψ最好調!

しょこたん♥でんぱ組>
43. PUNCH LINE!

中川翔子
44. 『グレンラガン』メドレー
(涙の種、笑顔の花~happily ever after空色デイズ

南條愛乃
45. 『グリザイア』メドレー
あなたの愛した世界黄昏のスタアライト~きみを探しに)
46. Dear..
47. ゼロイチキセキ

東映アニメーションSELECTION>
48. bless4 / WE GOTTA POWER[影山ヒロノブ]
49. 三森すずこ / Let’s go!スマイルプリキュア![池田彩]
50. 田所あずさ / カサブタ[千綿ヒデノリ]
51. 井口裕香×内田真礼 / おジャ魔女カーニバル!![MAHO堂]

GRANRODEO
52. TRASH CANDY
53. 少年の果て
54. メモリー
55. Punky Funky Love

<May'n>
56. ノーザンクロス
57. Belief
58. 光ある場所へ
59. Chase the world

<全員>
60. ウィーアー!きただにひろし

 

第2部最初のアーティストは岸田教団&THE明星ロケッツ。後半戦開幕に相応しい熱いステージを展開してくれた。MCでは『ストライク・ザ・ブラッド II OVA』のOPテーマ「Blood on the EDGE」のMVが公開されたばかりということで、観た人に挙手させていたが、「観てないのに手挙げてる人もいるでしょ!」と半信半疑になっていて面白かった。帰ったらYouTubeで観てくださいとのこと。ちなみに、「Blood on the EDGE」歌唱時バックに流れていたストブラの映像も迫力があった。

続いて、【ANIMAX MUSIX一夜限りのスペシャルユニット!】というスペシャル企画が。まずは、"岸田教団 with bless4"がangelaの代表曲「Shangri-La」(TVアニメ『蒼穹のファフナー』OPテーマ)を披露。タオルを振り回すパフォーマンスが印象的で、オーディエンスも一緒になってタオルを掲げていた。

中央ステージに登場した"みもりん組.でんぱ"は、『てーきゅう』7期OPテーマの「ツッパリくんvs関取マン」を披露。三森さんとでんぱ組の息の合ったコンビネーションが光っていた。

 

次に登場したアーティストは井口裕香さん。明るい希望を感じさせる「変わらない強さ」とクールで攻撃的な一面を見せる「Lostorage」の2曲を披露。どちらの楽曲もシリアスながらも対照的な選曲になっていて良かった。MCでは「こんなに素敵なアーティストの皆さんと一緒のステージに立てて光栄です」と話していた。「変わらない強さ」について、「GARNiDELiAtokuさんに作ってもらいました・・・大阪の方なので今回ご一緒できなかったんですけど(笑)」と井口さん。「Lostorage」に関しては、TVアニメ『Lostorage incited WIXOSS』の世界観に合った曲になっているので歌詞にも注目してほしいとのこと。

続いて登場したRayさんはTVアニメ『ろんぐらいだぁす!』OPテーマ「♡km/h」を披露。疾走感溢れる一曲の後は、「"みんなで一緒に盛り上がれる曲"をやります!」ということで「初めてガールズ!」のパフォーマンス。キュートな踊りに合わせて入れるコールが楽しかった。

 

ANIMAX MUSIX FAN SELECTION!】という、「あの人にあの曲を歌ってほしい!」というファンからのリクエストに応える企画も。綾野ましろさんは『ギルティクラウン』OP曲の「The Everlasting Guilty Crown」をカバー。EGOISTカバーもっと聴きたい。
そして唐突に懐かしの『さんかれあ』の映像が流れ始め会場がざわつく中、内田真礼さんが登場。そのOPテーマ「絵空事」を歌唱した。アコースティック編成がボーカルを際立たせていて絶妙だった。聴き入ってしまった。原曲とはまた違ったテイストで聴けて貴重だった。
南條愛乃さんは名曲「ガーネット」を披露した。本当に素晴らしい選曲。こちらもグッときた。

 

『ドリフェス!』から生まれたユニット・DearDreamは3曲披露。各々が簡単に自己紹介をしつつ、「是非"ドリフェス!"1話から観てください!」とアピールしていた。若さがあって良い。

でんぱ組.incは「最Ψ最好調!」で登場。アイドルらしさ溢れるパワフルな歌と踊りでなかなか興味深いステージだった。流石トイズファクトリー。OK, Google

ここで、シークレットゲストとして中川翔子さんが登場した。勿論歌うは"しょこたん♥でんぱ組"で「PUNCH LINE!」。「みんな、終わったら楽屋でポケモン交換しようね!」と中川さん。

そんな中川さんが続けて中央ステージで『グレンラガン』メドレーを披露。「空色デイズ」はやはり圧巻だった。

 

南條愛乃さんは『グリザイア』メドレーでスタート。初めて『ANIMAX MUSIX』に出演した際は1曲歌ってすぐはけることで精一杯、というような緊張っぷりだったらしく、まさかこうしてメドレーを歌えるようになるとは思わなかったそうだ。

「タイアップではないアルバムの曲を歌ってもいいということなので・・・」と前置きをしつつ「Dear..」を披露。作詞は飯田里穂さん。ミディアムテンポで心地良い楽曲だった。最後は「ゼロイチキセキ」で盛り上がって終了。

 

次は、東映アニメーション創立60周年を記念した企画【東映アニメーションSELECTION】へ。東映の歴代のアニメからピックアップした楽曲が各アーティストによって披露された。

三森すずこさんによる「Let’s go!スマイルプリキュア!」は歌と踊りが非常にキュートで、それはもうスマイルにならざるを得ないパフォーマンスを見せてくれた。

そして、井口裕香さんと内田真礼さんの二人で披露した「おジャ魔女カーニバル!!」も最高だった。高まりが発生してしまった。二人が唱えた"ペンライトの色が変わる呪文"によって、横浜アリーナがオレンジとピンク半々になったのも素敵だった。ちなみに私はオレンジに変えました。

 

GRANRODEOは「去年ちょっと出禁みたいになってましたが・・・」と笑いを誘いつつも、情熱的なステージを作り上げていた。飯塚さんのギターも唸る唸る。谷山さんが街ですれ違った外国人に"マンガシンガー"と呼ばれたという話も面白かった*2

新曲「少年の果て」も会場を熱狂の渦に包み込んだ。

「世の中・・・世知辛いことだらけ。この前、歯を抜いたら口内炎が・・・口内炎が治ったと思ったらまた別のところに口内炎が・・・」というような確かに世知辛さを感じさせるエピソードを披露しつつも、それを吹き飛ばすかのように最後は全力で「Punky Funky Love」のパフォーマンス。とにかく熱かった。

 

ANIMAX MUSIX』のトリを務めるのはこの人しかいないということで最後のアーティストとしてMay'n部長が登場。

「どの曲も一生懸命思いを込めて届けます」というMCでの真摯なメッセージが感動的だった。自身が毎週Twitterで実況しているというアニメ『終末のイゼッタ』より「光ある場所へ」は、この日だけの特別バージョンで披露。聴き惚れた。

ラスト、「皆さんまだ盛り上がってくれますか!」という熱い煽りから「Chase the world」。完全燃焼とも言えるその全身全霊のパフォーマンスに揺さぶられた。

 

最後の最後、再び全アーティストが一堂に会して、『ONE PIECE』の代表曲「ウィーアー!」を合唱。大団円。

各々の一言の挨拶も良かった。ちなみに井口さんはまた「この呪文で・・・みんなのペンライトがオレンジ色に変わるんだよ~」という例の呪文を唱えていた。可愛い。

そして恒例の「アニマックスミュージックス!」のポーズで記念撮影をして終演。

 

初めてライブで観るアーティストがほとんどだったが、とにかく楽しかった。最後まで目が離せなかった。いやもう、みんなカッコ良かった。アニメミュージックを心ゆくまで堪能できて大満足。来年も是非行きたい。

 

【備忘録】井口裕香オフィシャルTwitterで振り返るANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA

最後に、井口裕香さんの公式Twitterにアップされたツイートの数々をまとめてみた。

 

内田さんとのツーショット。可愛い。

 

ichigoさんと。ゆかちの萌え袖がポイント。

 

こちらはRayさん。先日『井口裕香のむ~~~ん ⊂( ^ω^)⊃』にゲスト出演していたのも記憶に新しい。

 

ツインテール28歳独身最高かよ。

 

そして萌え袖・・・!

 

また萌え袖が・・・

 

萌え袖・・・・・・

 

ゆかちの萌え・・・・・・・・・

 

いぐいぐ~(昇天)。優勝です。

 

ゆかちの萌え袖・・・ありがとう・・・本当にありがとう・・・。

萌え袖にばかり目がいってしまったが、歌唱時の衣装もセクシー過ぎてたまらない。

早くあの小籠包*3になりたい。

 

イベントが終わり、じわりじわりとゆかちロスがやってくるんじゃないかと少し怯えておりますが、ウォークマンで歌を聴いたりゆかちぃ散歩*4を観たりしてしばらく凌ぎたいと思います。おわり。

*1:三森さん「私のハニートラップどうでしたか!?」。

*2:飯塚さんも便乗して"マンガギタリスト"と名乗ろうとしていた。

*3:詳しくは井口裕香7th Sg.『Lostorage』初回限定盤DVD収録のメイキング映像を参照。

*4:井口裕香のむ~~~ん⊂( ^ω^)⊃ DVD ろく』に収録。