読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束のカタコンベ

通り過ぎた道はすでに 僕の中じゃどうでもいいこと

テレビ朝日ドリームフェスティバル2016【2日目】ライブレポート

10月23日の日曜日は去年に引き続き『テレビ朝日ドリームフェスティバル2016』の2日目に参加してきた。会場は国立代々木競技場第一体育館。

 

f:id:purukogidon:20161026233822j:plain

f:id:purukogidon:20161027001855j:plain

 

前説では「ミュージックステーション」でお馴染みの弘中アナやテレ朝マスコットキャラクターゴーちゃん。が登場して早速盛り上げた。

 

V6

一発目のアーティストはV6。モニターに映し出されたときの歓声が凄まじくて会場が揺れるレベルだった。ジャニーズパワー恐るべし。若かりし頃の「ミュージックステーション」出演映像が流れたのが良かった。

MUSIC FOR THE PEOPLE」でぶち上げて、ドカン!という炎演出で「TAKE ME HIGHER」に入っていくところはやっぱり熱かった。

「HONEY BEAT」で一緒に振り付けをやる人が多かった。

後半は6人がトロッコに乗って会場ブロック間を移動。「愛なんだ」のときは超至近距離で6人の姿を拝むことができた。三宅君カッコ良かった。

ジャニーズアーティストのライブは初めてだったが貴重な機会だった。

 

星野源

自転車に乗ってスーツ姿で登場したのは星野源さん。"仕事帰りのサラリーマン"という設定で、生活感のあるセットの中全編弾き語り。ポットで何か淹れて飲んでた(恐らくコーヒー)。

「このあとレキシさんだから…」とチラッとバラしつつ、「くせのうた」で始まった。「代々木ー!」と言ったら「イェーイ!」と返すように、という本人からのお願いが事前にあった通り、「化物」「地獄でなぜ悪い」では見事なコール&レスポンスで会場が沸いた。

喫茶店でご飯食べてたら、「星野源さんですか?」と声を掛けられて、「あっありがとうございます」と顔を上げたらまさかのV6の三宅君だったというエピソードも面白かった。曰くモニタリング*1かと思ったらしい。

「しんみりした曲をやります」ということで演奏されたのは「くだらないの中に」。改めて弾き語りが似合う曲だなと思った。

「テレ朝さん本当にすいません!」と謝りつつ、現在放送中のTBS系火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の宣伝を潔くしてから話題の新曲「恋」を弾き語りで。バラードバージョンでの披露は初めてで*2、原曲とはまた違って歌詞がより一層染み渡ってくる印象だった。このバージョンも個人的に好き。

最後は大ヒットナンバー「SUN」で会場のお客さんと一緒に歌って終了。帰りも自転車だったが、坂をなかなか上れなさそうにしているのが会場の笑いを誘っていた。

大勢の観客の前でひとりぼっちになる、星野源らしいステージだった。

 

レキシ

次に登場したのはレキシ。「みんなV6と源ちゃんで終わってない?」「なんで呼ばれたのか分かんないんですけど!」ととにかく小気味よいMCで会場を盛り上げていく。先ほど星野源さんに次の出番をバラされていたが、後ろののぼりでわかっちゃうもんねと言っていた。

ファンクミュージックが冴えわたる「きらきら武士」でしきりにコール&レスポンスをしつつ、「SHIKIBU」でさらに体を揺らしたくなる音を掻き鳴らしてくれた。

やっぱり自らがドリフェスに呼ばれたことに納得してないのか、「Mステにすら出てない、Mステのエの字もない!」と強調するレキシ(「タモリ倶楽部には何回か出てる」と補足しつつ)。うちの地元はテレ朝系映らないしテレ朝に特に思い入れは…みたいなことも言ってて笑ってしまった。

グッズの稲穂を持っている人が多いことにも触れて、「皆さん騙されて買うんですよ!」「持って帰るときが一番恥ずかしい」「職質されたら面倒臭いことになるよ!」と弄り倒す場面もありみんな喜んでいた。

「狩りから稲作へ」では、バンドメンバーに「Mステのメロディやって」と無茶ぶりして弾かせたり、V6「WAになっておどろう」・いきものがかり「ありがとう」・星野源「SUN」などを替え歌で盛り込んでやりたい放題だった。「俺今日で干されるな・・・」で会場大笑い。

「KMTR645」の≪キュキュキュ キュキュキュっキュー≫のリフレインなんかもう最高だった。複数のイルカの浮き輪も会場全体を駆け抜けた。一緒にアルファベットのQのポーズをするのが楽しかった。

演奏したのは4曲だったが、時間いっぱいレキシがレキシらしく爪痕を残していた。

 

PUFFY

続いてPUFFY。今年でデビュー20周年ということだが、ドリフェスへの出演は初めてらしい。会場のお客さんが振っているペンライトを見て「みんなが持ってるのって何?V6のグッズ?」と亜美さんが興味を持っていた。

PUFFYを初めて観る方が多いということで、後半は懐かしのヒットナンバーが続いて良かった。スピッツ草野マサムネ作詞曲の「愛のしるし」はのらずにはいられなかった。「渚にまつわるエトセトラ」ではバックにカラオケ風の映像が出ていたということもあり、サビでは一緒に拳を突き出す例の振り付けを真似して盛り上がった。両脇の人もやってた。

「誰かが」は熱かった。「アジアの純真」やっぱり名曲。

 

エレファントカシマシ

ゆっくりと登場したエレファントカシマシは「俺たちの明日」でスタート。1曲目にこの曲を持ってくるところがもう本当にカッコ良くて聴き惚れてしまった。「昨日までライブハウスでやってたから広いですね」という宮本氏のコメントが印象的だった。

「悲しみの果て」「風に吹かれて」などの歴代の名曲をドリフェスという舞台で聴けるのはとにかく贅沢だった。ド派手な照明演出も彼らに合っていた。

最新シングル「夢を追う旅人」も強い決意を感じさせるもので熱かった。

ラストはこちらも名曲「今宵の月にように」。30年近く活動を続けているロックバンドならではの貫禄を感じることができて良かった。明日への活力に繋がる、パワフルなステージだった。

 

いきものがかり

ドリフェス2日目のトリを務めたのはいきものがかり。デビュー曲「SAKURA」のアコースティックバージョンで開幕。

「皆さんの顔色に疲労が窺えます・・・!」と水野さんが気遣いつつも、大ヒット曲「ありがとう」で会場を包み込んだ。「もう1曲だけバラードやっていい?」ということで最新曲「ラストシーン」が披露。

後半はアッパーチューンが続いて盛り上がった。「ブルーバード」が沁みた。「気まぐれロマンティック」ではサビの可愛らしい振り付けが光っていた。もちろん一緒にやった。吉岡さん曰く、踊りを間違えていた人が目に入って笑いそうになってしまったらしい。

アンコールの「じょいふる」では、観客みんなで思いっきりタオルを回して全ての体力を使い切る勢いだった。ラストは初期の名曲「コイスルオトメ」で大団円。素晴らしい余韻を残して終了した。

 

というわけで、今年もドリフェス楽しかった。やはり普段は観れないようなアーティストのライブを堪能できるのがフェスの醍醐味である。

なお、来年1月にCS・テレ朝チャンネル1で今回のドリフェス3日間の模様が放送予定なので、そちらも忘れずにチェックしておきたい。

 

2016年10月23日(日) テレビ朝日ドリームフェスティバル【2日目】セットリスト

V6
01. MUSIC FOR THE PEOPLE
02. TAKE ME HIGHER
03. Believe Your Smile
04. HONEY BEAT
05. fAKE
06. will
07. SP<エスピー>“Break The Wall”
08. Beautiful World
09. over
10. Wait for You
11. Darling
12. CHANGE THE WORLD
13. 愛なんだ
14. WAになっておどろう

星野源
01. くせのうた
02. 化物
03. 地獄でなぜ悪い
04. くだらないの中に
05. 恋
06. SUN

レキシ
01. きらきら武士
02. SHIKIBU
03. 狩りから稲作へ
04. KMTR645

PUFFY
01. サーキットの娘
02. 海へと
03. パフィピポ山
04. これが私の生きる道
05. 愛のしるし
06. 渚にまつわるエトセトラ
07. 誰かが
08. アジアの純真

エレファントカシマシ
01. 俺たちの明日
02. 悲しみの果て
03. i am hungry
04. 風に吹かれて
05. RAINBOW
06. 夢を追う旅人
07. ガストロンジャー
08. 今宵の月のように

いきものがかり
01. SAKURA -Acoustic ver.-
02. ありがとう
03. ラストシーン
04. ブルーバード
05. Sweet! Sweet! Music!
06. 気まぐれロマンティック
07. 笑ってたいんだ
08. 風が吹いている
<encore>
09. じょいふる
10. コイスルオトメ

 

*1:TBSのバラエティ番組。ドッキリ番組的なアレ。

*2:ちなみに、ニッポン放送星野源オールナイトニッポン』2016年10月24日放送回でも「恋」が弾き語りで披露された。