読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束のカタコンベ

通り過ぎた道はすでに 僕の中じゃどうでもいいこと

本多真梨子のもさもさ物語 3冊目~体力の書~【夜の章】イベントレポート

土曜日、声優・本多真梨子さん主催のイベント『本多真梨子のもさもさ物語 3冊目~体力の書~』に参加してきた。

 

f:id:purukogidon:20161017022115j:plain

 

開催概要は以下の通り。

 

タイトル 本多真梨子のもさもさ物語 3冊目~体力の書~
開催日 2016年10月15日(土)
【夜の章】開場:16:30 / 開演:17:30
内容 トークショー & お土産お渡し会
出演 本多真梨子(猛者王女)
会場 渋谷 シダックス・カルチャーホール
価格 チケット:4,000円(全席指定・お土産付)

 

参加したのは夜の章。半年ぶり3回目の開催となる『もさもさ物語』は果たしてどんな内容だったのか、振り返ってみたいと思う。

 

※前回のレポート記事は以下の埋め込みからどうぞ。

purukogidon.hatenablog.com

 

ちなみに今回はライヴポケットによるチケット販売システムで、スマホQRコードをかざして入場する方式だった。

前回同様、事前に配布されたアンケート用紙にもさ王女に聞きたいことからやってほしいことまで何でも記入し、開演前にステージ前のBOXに投入。

 

撮影・録音は一切禁止、会場内での飲食NGなどの諸注意アナウンスが例のもさもさ王国のキャラクターでちょい噛み(!)しつつ行われた後スタート。

 

オープニング

恒例のオープニング映像。「・・・分かってますよね?」とスタッフに諭されながらも、本多さんがドヤ顔で「"DD(誰でも大好き)"をやっていく上では体力がないとダメ」という旨を語る。今回の『もさもさ物語』はそんな"DD"達に体力をつけさせることが目的だった・・・!?あの夕日に向かって走り去っていく本多さん。

VTRが終わり、上下緑のジャージに猛者Tシャツを身に着けた本多さんが体育教師のように笛を吹きながら颯爽と登場。走ってカルチャーホールを出入りしていた。

ジャージはこの日のためにおニューのものを購入したとか。そして緑のシューズは自宅にあった特にダサいものを選んできたとのこと。

「数多くの現場の中からここを選んでいただきありがとうございます」と最初の挨拶。本多さん曰く「アイマスとか、まさか今日こんなにイベント被りするとは思わなかった・・・」。イベント決定時はそこまで気にしていなかったが、いざ当日になってみると結構被ってしまったというアレ。

ところで、今回も全体的に昼の章から回している人が多かったが、何より『もさもさ物語』全通という紛うことなき"猛者"もチラホラいたので流石だった。もちろん初参加の人も!

 

もさもさ王国 国歌(独唱?)

なんと、『もさもさ物語』のテーマソングとも呼ぶべき「もさもさ王国 国歌」が満を持して完成したとのことで、早速本多さんによって披露された。

作詞を本多真梨子さんとコツキミヤさん、作曲・編曲を流歌さんが担当。

また完全には覚えきれていないため歌詞カードを見ながら歌うもさ王女。

頻繁に≪もさ~!≫とコールを入れる場面があったので皆で拳を掲げて合いの手。盛り上がった。

≪「他の国を愛しても構わない、だけど必ず帰ってきなさい」≫という部分が何だか温かくて個人的には好き。みんな、どこの国に行ってもいいけどちゃんともさもさ王国に帰ってくるんだぞ!

ちなみに、この楽曲を収録したCDは会場にて限定販売されていた。税込1200円。

 

f:id:purukogidon:20161017034838j:plain

f:id:purukogidon:20161017034900j:plain

 

プロローグ・エピローグ、そしてカラオケバージョン付き。

ジャケットは本多さんの手書き。なお、帯の【涙ポロポロ 心震わす RPG(ロックンロール・ポテト・ガーデン)】というコピーは自身の好きなプレイステーションの名作RPGポポロクロイス物語』からきている。そのままRPGって書くと関係者からゲーム関係ないじゃんと怒られそうだったのでロックンロール~というのを付け足したとか。

 

もさ王女謁見の間

そんなこんなでもさ王女との謁見。紫のローブを羽織り、咳払いをして・・・王女っぽく。参加者から事前に集めたアンケート(報告?)にもさ王女が時間の許す限り回答していく。

エピソード系としては「昼の章と夜の章の間の時間で野球バーに行ったらもさTシャツの人を発見し、そのまま一緒に飲んだ」話や「もさトートバッグ(新作グッズ)を肩にかけて渋谷センター街を堂々と歩き辿り着いた先がアニメイトだった」話などが飛び出して面白かった。

「もさ王女はどんな髪型が好きですか?」という質問があったが、曰く「何も弄っていない髪型が好き」とのこと。各位参考までに。

「カラオケではどんな歌を歌いますか?」に関しては、「声優さん歌上手い人多いけど、二次会とかでカラオケいきましょうってなるとちょっと・・・」という感じらしいのでこちらも参考までに。

 

本多真梨子のもさんぽ~体力の書編~+映像特典

続いてもさ王国のテレビ番組、もとい恒例のロケ映像の鑑賞。

今回の舞台は東京都練馬区としまえん。遊園地。

 

www.toshimaen.co.jp

 

ピカチュウらしき銅像を見かけはしゃぎつつ、謎の丸みを帯びたオブジェに手を合わせる本多さん。

順調な滑り出しかと思いきや、初っ端からまさかのとしまえんの一日券を紛失するという事件が発生!リュックの中身を全て取り出すも無い。途中まではしっかりチケットを握っていたはずなのにどうしてこんなことに・・・!

食事(カレーとナンのセット)をとるなどして30分後、サービスセンターで貸出チケットを貰って事なきを得ていた。

遊園地定番のジェットコースターから、全面鏡張りで頭ぶつけながら歩くミラーハウス、ほぼ真っ暗の中バケモノ的な何かが否応なく出てくるミステリーゾーンなど、隅から隅までとしまえんを堪能していた。

ふれあいペットガーデンで本多さんがウサギや子犬といった動物たちと触れ合う場面では癒された。おにぎりの具みたいな名前の動物たちもいて面白かった。

もさんぽ本編終了後はお待ちかね?の映像特典。最早ツンデレが行き過ぎてどうなっちゃってるんだという感じの女の子(=本多さん)とのバーチャルデート的なアレ。ちょっと怒りながらもソーダアイスを頬張る姿がやっぱり可愛かった。

ラストは闇の組織が云々で俺たちの戦いはこれからだ(?)という超展開で終了。会場でも笑いが起きていた。

 

なお、これまた会場で限定販売していた「もさブロマイドセット」(5枚入・税込1000円)には今回のとしまえんでの思い出のワンショットの数々が。こちらも記念に。

 

f:id:purukogidon:20161017045047j:plain

 

もさもさワールド

『もさもさ物語』新コーナー。シチュエーションの箱、セリフの箱からそれぞれ引いて出来上がったお題通りに即興芝居をするという、要するに本多さんへの無茶ぶりコーナー。シチュエーションとセリフは事前に参加者向けにメールで募集していた。

ちなみに昼の章では相当本多さんの心が折れてしまったらしい。

個人的には【収録現場でマイクが入ってない】シチュエーションで「ヘイ!ラーメン一丁!」というセリフをぶつけるお題が好きだった。あのドタバタ感が良かった。何かこういうこと実際の現場でありそうだな、声優という仕事は大変だな・・・とかしみじみ思いつつも笑ってしまった。なかなか終わりの合図のSEが鳴らなかったのはスタッフの仕業かな!?

 

プレゼントじゃんけん大会

今回もプレゼントを懸けたじゃんけん大会が開幕。本多さんとじゃんけんしてあいこになった人だけ、5人を選抜した。

プレゼントはとしまえんのお土産のお菓子4箱*1、そしてイカと熊が組み合わされたキャラのマグネット一つ。

1回目のじゃんけんであいこ5人がちょうど出たのですんなりと決まった。会場から一番遠い三重県から来ていた方が例のマグネットをゲットしていた。

 

歌のコーナー

完全シークレットで1曲フルコーラスで披露。

SNS等で何を歌ったか言うのはなしということなので、本記事でも伏せる。

 

お土産お渡し会

諸々の告知があった後、イベント終了。お土産お渡し会へ。今回もイベント参加記念の特製缶バッジを手渡ししてもらった。

 

f:id:purukogidon:20161017051506j:plain

 

少しの間お話する時間があったので、「としまえんで一日券落とすくだりで、『日常』のゆっこが遊園地で財布落としちゃう回を思い出してちょっと懐かしかったです!」ということを伝えた。

「あぁーあの回ね」とそのときのゆっこの表情を目の前で再現していただいたので嬉しかった。本多さんありがとうございました。

 

というわけで今回の『もさもさ物語』も楽しかった。4冊目あったらまた行きます。

 

 

 

f:id:purukogidon:20161017052722j:plain

 

そういえば物販担当のスタッフさん曰く、売れ残ったグッズは全て本多さんのお持ち帰りになってしまうらしい。次来たときはグッズ完売させる勢いでもっと沢山買うしか・・・!

*1:本多家の洗濯機が変な挙動をした結果浸水。お土産のうちの一箱が濡れてしまったので自らいただいたという話も出た。