約束のカタコンベ

通り過ぎた道はすでに 僕の中じゃどうでもいいこと

東京ゲームショウ2016レポート 後編【パブリックデイ2日目】

前回に引き続き、東京ゲームショウ2016レポートをお届け。後編。

※前編は以下の埋め込みからどうぞ。

purukogidon.hatenablog.com

 

f:id:purukogidon:20160921232637j:plain

 

パブリックデイ2日目の模様を振り返る。

 

2日目は10時半頃に入場した。前日と同様にセガブースに直行。お目当てはもちろん龍が如く6の特設ブースである。

並ぼうとしたら、「今からだと4時間待ちになりますが…」とセガの人。4時間ってマジかよオイ!と思いつつも、ここを逃したらいつ並べるか定かではなかったので腹を括って待機列へ。実際、並び始めてすぐに入場規制がかかっていた。

4時間待ちとは言いつつも、実際に並んだのは3時間だった。待っている間は待機列付近のモニターで龍が如く6のステージイベントの中継映像を観ることができたので退屈はしなかった。

 

龍が如く6 命の詩。

そして遂に今回のTGS最大のお目当てであった『龍が如く6 命の詩。』特設シアターへ。恒例ではあるが、TGSセガブースの一翼を担っていると言っても過言ではない。

 

f:id:purukogidon:20160921234022j:plain

 

まずはロングトレイラーの上映会。今回も赤絨毯に白い革のイスで高級感があった。

ストーリーとゲームの紹介で合わせて20分程度のボリューミーな映像を鑑賞した。特設シアターの大きなスピーカーが地響きみたいにガンガン音を鳴らしてくるので大迫力。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

早速YouTube龍が如く公式チャンネルにて公開中。RIZAPのくだりで笑いが起きていたのを覚えている。

 

シアター終了後は、そのまま試遊台へと移動。ロングトレイラーを観て高まった気持ちのまま龍が如く6をプレイ!

体験できたのは、広島・尾道で遥の行方を探る3章のストーリーの一部に触れられるストーリーモードと、東京・神室町でプレイスポットなど自由にお遊びを満喫できるアドベンチャーモードの2種類。

今回はアドベンチャーモードを選択してみた。

とりあえずネットカフェに直行し、"ライブチャット"を体験してみる。まさかの実写映像。美女と高速タイピング(ボタン入力)で会話を楽しむのだが、桐生がいちいち片言で「脱ごうぜ☆」みたいな直球を投げるので大いに笑ってしまった。やがて美女のラブラブゲージ?が頂点に達してお楽しみタイムに突入。可愛い女の子がその気になって脱いでくれて本当に最高だった。その後もチャットの続きが始まったが、これ以上は危ない!製品版の楽しみにしておこう!ということで中断。

適当に散策しているとチンピラに絡まれたが、シームレスにバトルに入るのがスムーズで良い。溜まったヒートゲージを解放して発動できるアルティメットヒートモードは雑魚敵相手だと一気にパワープレイできそうなので積極的に使っていきたいところ。

そして、ビルの中とか入れるポイントが増えまくってて探索が楽しかった。何かどっかの建物に入ったらカフェがあって、そこで適当に食事を・・・という感じ。見慣れたはずの神室町がまた魅力的な場所になりそう。自販機でジュース買ってその場で飲めるのも良い!(敵が落とすお金が増加するみたいな効果が付いた)

その他にも、SNSを利用したリアルタイムでの人助けだったり、キャバクラでの会話がカード形式になっていて自由度が高くなっていたりなど、随所で進化が感じられる有意義な試遊ができた。体感的には20分くらいプレイできた気がする。3時間待ったかいがあった。

製品版、絶対買おう。12月の発売が待ち切れない。

 

ところで、KONAMIの配布物は今年も面白かった。

 

f:id:purukogidon:20160922022248j:plain

 

ド迫力のネイマール選手。

 

そしてカプコンブースにいた『バイオハザード7』の謎のおっさん。

 

f:id:purukogidon:20160922022356j:plain

 

光当たりまくった顔が怖すぎる。

 

鉄拳7

プレイステーションブースに移動して『鉄拳7』を試遊した。

 

f:id:purukogidon:20160922004024j:plain

 

10分間の試遊だった。最初はストーリーモードを選択した。豪鬼と平八の一騎打ちを体験できる内容。事前に「敵が必殺技を使う場面で、何回も攻撃しないと食らっちゃってゲームオーバーになるので注意してね」的な説明をスタッフから受けていたので、意識してガンガン攻撃。難なくクリアできた。

ストーリーモード終了後も時間が余っていたので、適当にアーケードモードをプレイ。やっぱりパッドだとやりにくいかも。バトル開始までのローディングが結構長かったが、この点に関しては製品版で大幅改善されるとのこと。

 

TITANFALL2

セガブース近辺をウロウロしていたら、16:10~の回で『タイタンフォール2』の試遊をされる方をあと2人受け付けています!と見かけたので飛び込んでみた。

恐らく防衛戦なるものをチーム対抗で行ったが、最終的に勝利することができたので良かった。ちなみに防衛する側だった。

どデカいタイタンに捕捉されたときはなかなかビビるが、仲間と協力して地道にダメージを与え破壊するのは実に爽快。身を隠す場所が多くて狙撃はしやすかった。もちろんグレネードを投げ込まれたりタイタンの巨大マシンガンが放たれたりするので長居は禁物だったが。

好きなところにフックをかけて、ワイヤーアクションで縦横無尽にステージを駆け回ることができるのはスピード感があったし気持ち良かった。

キャンペーンモードにも力を入れるとのことで楽しみ。

 

そうこうしてるうちにTGSも終幕の時間へ。

タイタンフォール終わって出た瞬間セガ・ハード・ガールズの声優の方々がライブをやっていてニヤリとしてしまった。

そしてラストはセガブースでコンパニオンの皆さんが勢揃いする様をひたすら写真に収めていた。

 

さて、あっという間の2日間ではあったが、今年も楽しかった。溜まった疲れは各ブースのコンパニオンの可愛さで全て吹き飛んだのでよしとしよう。

TGSを作り上げたスタッフの皆様・参加者の皆様、本当にお疲れ様でした。

来年もまた幕張メッセで元気にお会いしましょう!

 

おまけを超えたおまけ

龍が如く6特設ブースにて。本編にキャバ嬢役として出演される方々の写真をいくつか。

 

f:id:purukogidon:20160922013246j:plain

f:id:purukogidon:20160922013556j:plain

f:id:purukogidon:20160922013618j:plain

 

赤井沙希さんと潮田ひかるさん。潮田さんは"ひかる"としてTGS体験版でのキャバクラで選択できた。その節はお世話になりました。

 

f:id:purukogidon:20160922013916j:plain

f:id:purukogidon:20160922014004j:plain

f:id:purukogidon:20160922014058j:plain

 

桜井えりなさんと一條りおなさん。

 

f:id:purukogidon:20160922014749j:plain

 

4人が集合する場面も。

 

f:id:purukogidon:20160922015032j:plain

f:id:purukogidon:20160922015113j:plain

 

桜井さん可愛いし好みなので製品版では"推し"にしたいと思います!!!!!!!!!!(完)