読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束のカタコンベ

春一番よりもセンセーション

本多真梨子のもさもさ物語 2冊目~お花見の書~【夜の部】イベントレポート

イベントレポート 声優 本多真梨子

先週土曜日は渋谷へ。本多真梨子さん主催のイベント
本多真梨子のもさもさ物語 2冊目~お花見の書~』に参加してきた。

 

f:id:purukogidon:20160406034031j:plain

 

以下、開催概要。

 

開催日 2016年4月2日(土)
【2回目公演】開場:16:30 / 開演:17:30
内容 トークショー & お土産お渡し会
出演 本多真梨子(もさ王女)
会場 渋谷 シダックス・カルチャーホール
価格 チケット:4,000円(全席指定・お土産付)

 

参加したのは夜の部。『もさもさ物語』なるイベントは今回が第2弾*1で、初めての参加。トークショーとお渡し会ということだったが、具体的に何をやるかについては直前まで予想できなかった。

会場は渋谷にあるシダックス・カルチャーホールという所で、キャパとしては160人程度。到着してすぐ受付で予約番号と名前を伝え、指定料金を支払った。座席は予約の先着順だと思われる。

チケットと一緒に受け取ったアンケート用紙には、もさ王女に聞きたいこと、今後『もさもさ物語』でやってほしいことなどを記入し、開演前にステージ前のBOXに投入。

 

せっかくなので開演前は物販コーナーに顔を出してみた。商品説明のための本人手作りのポップが目立っていた。

ラバスト&ステッカーセットとシークレットブロマイド3枚を購入して計1600円。

 

f:id:purukogidon:20160406042537j:plain

 

ラバストの方のもさ王女の肌色がややピンクっぽいが、設定*2とのこと。

ブロマイドは全5種で、自分で選ぶことができないランダム制。3枚買って被りがなかったので良かった。

 

f:id:purukogidon:20160411001854j:plain

 

開演前アナウンス

『もさもさ物語』を始めるにあたっての諸注意アナウンスがCV本多真梨子で。

撮影・録音は一切禁止とか、携帯電話を鳴らすのはNGとか。もし携帯鳴ったら全員でその人に視線を注がなければいけなくなるというアレ。

会場内で飲食して美味しそうなニオイを放つのも、もさ王女のお腹が空いちゃうので当然NG。開演前にいい弁当食べたっぽいけど。

 

オープニング~もさ王女との謁見

オープニングとしてVTRが流れる。「こういうイベントがやりたかった」ということを本多さんがドヤ顔で語っていく。スタッフ側のリアクションの薄さからか「それは良かったですね…」というテロップが何度か挟まるのがシュールで所々笑いが起きていた。

VTR終了後、本多さんが登場。

「本多を何で知ったか?」という質問からスタートしたわけだが、『生徒会の一存』のときに一番多く手が挙がっていたように思える。私は『日常』で本多さんを知ったのでその時に挙手した。

それにしても、昼の部から連続で参加している人が結構いたみたい。あと、4月2日という開催日に設定したのは、某アニメのライブイベント(大きいところで2つ)と被らないようにしたためだとか。前回の『もさもさ物語』を振り返りつつも、今後は『笑っていいとも!』のタモさんのように「反省をしない」精神でやっていくそうだ。

最初のコーナーは、事前に集めたアンケートにもさ王女が回答していく企画だった。一応王女ということなので、紫のローブを身に付けて声もそれっぽくしていた(途中からその設定はどっかにいく)。

「金兵衛*3どん兵衛はどっちが美味しいですか?」というギャグ的な質問から「彼女はどうやったら作れますか?」という人生相談的なものまで、もさ王女が赤裸々に答えていった。

「スーパーウルトラグレートデリシャスワンダフルワカリヅレー!!!」*4とだけアンケートに書かれていたものをそのまま読む一幕もあって面白かった。

近々お子さんが生まれる方からのアンケートも読まれた。本多さんはもし結婚して子供ができたら"さくら"という名前を付けたいらしい。ちなみに"もさ"は後々「子供に変な名前をつけた声優さん」という感じで突撃されるからやめてね!とのこと。

 

本多真梨子のもさんぽ~鶴見編~+映像特典

再びVTR。「本多真梨子のもさんぽ~鶴見編~」と題して、横浜市の鶴見でお花見などを楽しむというロケ企画。

バスに揺られ向かったのはさくらの名所として有名な県立三ツ池公園

ちなみに、シークレットブロマイドはここで撮影したものとなっている。

 

www.kanagawaparks.com

 

桜に飛びつく勢いではしゃぐ本多さんが映像に収められていた。他ではなかなかお目にかかれない種類の桜もあるそうで、その一覧が載っている看板を興味深そうに見る本多さん。同時に書いてあった松尾芭蕉の俳句も小気味良く声に出して読んでいた。

池で泳いでいる野鳥の群れを見ながら、唐突に本多さんが名前を付け始める場面もあった。体毛の白黒感?からかまさかの"オセロ"と命名。しかも、本人曰く父親もその映像を見て全く同じように"オセロ"と名付けたそうだ。何というミラクル。

公園にある長めのすべり台にもスカートのまま挑戦。意外とスピードが出ていた。

もさんぽ本編終了後は、謎の映像特典が流れた。あの有名な恋愛シミュレーションゲーム風のバーチャルデートが始まってしまったのだ。あからさまに本多さんの頭の上に桜の花びらが付いてて・・・的なシチュエーション(この場面もブロマイドの1枚になっていた)や、伝説の木(?)の下で告白すると・・・的なシチュエーション。そのゲームで一番攻略難度が高いと言われているメインヒロインになりきる本多さん。ガチだった。撮っているときは結構恥ずかしかったらしい。

余所では絶対に観ることのできないお宝映像(?)だったが、どう考えても権利の都合などでDVD化は不可能っぽいので、その場でしっかりと目に焼き付けておいた。

 

朗読「100万回生きたねこ

VTR企画の後は朗読コーナー。本多さんが選んだのは、書店でその表紙の猫と目が合って読むしかないと決心した「100万回生きたねこ」。

入れ代わり立ち代わり登場するキャラクターを声色や声の強弱で見事に演じ分けていて、聴き入ってしまった。やっぱり凄い。読後に物悲しく切ない余韻を残すお話ではあるが、どこか充足感もあった。

そして純粋に声優さんの生の朗読を聴けて嬉しかった。

 

じゃんけん大会

「世の中勝っただ負けただばっかり。そういうのはもういいんですよ!」と本多さん。あいこの人だけが勝ち抜け…ではなく居残りする異例のルールのじゃんけん大会の幕開け。勝者…ではなく居残りの人を5人まで絞る。

プレゼントはイラスト入りサイン色紙が1枚と、もさもさのMが刻印されたスプーン4本。

選ばれし5人のうち、さらにサイン色紙をゲットする1人を決めたのだが、「今日納豆を食べてきた人」だと該当者0。「今日どこから来たか」だと埼玉と千葉で拮抗したが、最終的に電車の乗車時間にて決定。

ちなみに、

 

 

なぜかそのじゃんけん大会でスプーンをゲットした人の中に『ロボットガールズZ』公式がいたらしい。

 

歌のコーナー

シークレットで1曲披露。もちろんフルコーラス。

何を歌ったかSNSに書き込むのはなしで、という本多さんからの通達があったので曲目などは伏せる。参加した人達だけの秘密ということで。

本多さんの生歌をじっくりと堪能できる貴重な時間だったと思う。

 

お土産お渡し会

イベント終了後は、お土産お渡し会があった。チケットの半券と引き換えに、イベント参加記念の特製缶バッジを手渡ししてもらった。

 

f:id:purukogidon:20160408032409j:plain

 

お渡し会では、質問コーナーのときに本多さんが「手がシュッとしている人が好き」と言っていたことを思い出したので、そのネタで話すことにした。

缶バッジを受け取って、「あの、僕結構手キレイな方だと思うんですけど・・・」とこれ見よがしに手を差し出す。「自慢かー!?」と本多さん。

まさか「爪キレイだね」とお褒めの言葉をいただくとは思わなかった。「よく言われます!」と返したら、「これを保つことが大事」とのこと。それとなく手入れしておきます。

本当は『日常』について色々と話そうと思っていたのに、なぜ手を見せびらかす突飛な展開になってしまったのかは自分でもよく分かっていない。まあそれは次に機会があれば。

 

 

もさもさ物語第3弾に期待しよう。

*1:第1弾は2015年10月3日に開催。

*2:本人のTwitterより。

*3:本多さんが夜の部開始前に食べたちょいお高めの弁当。詳しくはTwitter参照。

*4:『日常』のゆっこの例のセリフ。