約束のカタコンベ

月の明かり 確かめて また今夜も眠ろう

放送2年目に突入!そんなバカなマンが面白い。

「そんなバカなマン」が相変わらず面白い。フジテレビで毎週火曜深夜に放送中。毎回欠かさず観ている。

 

 

バナナマンの日村と設楽、そしてバカリズムという昔から親交の深い3人が手を組み、ロケやトークなどで好き勝手展開していく。今やテレビで引っ張りだこの3人による深夜帯のお笑い番組ということで、絶妙な空気感がある。何よりもこの人達は仲がいいんだなと観ているだけで伝わってくると思う。

 

数回の特番を経て、2015年4月よりレギュラー放送化。自分だけが信じる仮説を検証する"そんなバカな!?仮説"や、何をされても微動だにせず無表情でいるのを競う"ノーリアクション柔道"など様々なコーナーがあるが、看板企画は何と言っても"パシフィック・ヒム"だろう。

人生相談などがテーマの偽番組として呼び出された女性ゲストが、設楽・バカリズムから遠隔操作される日村とロケをする。徐々に日村の傍若無人ぶりがエスカレートしていき、ゲストが怪訝な顔をし始めるのが面白いところ。完全に悪ふざけそのものである日村への指示が、どこまでも暴走するきっかけを生み出し、強烈な笑いを引き起こしている。

 

今年元旦の生放送スペシャ*1は2.0%というフジテレビ的には散々な視聴率を叩き出したので(番組でもやんわり触れていた)、もしかしたら4月の改編で・・・と思ったが、先日の放送では番組継続が発表された。大切なお知らせと煽っていたので一瞬覚悟したが、何とか続くみたいで良かった。

 

とりあえず次回の放送は4月以降になるとのこと。さらなる笑いに期待しておきたい。

個人的には、世間を驚かせた変態事件に例の番組風で迫る"世界変態ふしぎ発見"という企画がツボだったのでまた観たい。

*1:「あけましてそんなバカなマンまさかのそんなバカな生放送SP」として2016年1月1日にフジテレビで放送。フジテレビ2016年一発目の番組となった。バナナマンも含め、ナレーションの内田彩が紅白終わりでNHKから駆けつけたり、勝手に紅白延長戦でmiwaがサプライズ出演したりなどして盛り上がった。