約束のカタコンベ

月の明かり 確かめて また今夜も眠ろう

堀江由衣FCイベント 黒ネコ集会Vol.15~Silent Night, Holy Night, Song Night, Game Night~<Gameの章> イベントレポート

クリスマスイブイブにあたる12月23日、堀江由衣さんのファンクラブイベント
「黒ネコ集会Vol.15~Silent Night, Holy Night, Song Night, Game Night~」に行って参りました。参加したのは夜の部<Gameの章>。

f:id:purukogidon:20151227144656j:plain

 

以下、その模様をレポートしていきます。

 

今回の会場は舞浜アンフィシアター。例の夢の国が目と鼻の先にあるということで、会場までの移動中ネズミーな人を多数見かけた気がする。

f:id:purukogidon:20151227144159j:plain

 

それはさておき、今回の黒ネコ集会は2部構成。昼の部はライブ中心の<Songの章>、夜の部はゲーム企画中心の<Gameの章>と銘打たれ、それぞれほっちゃんとのChristmas Nightを堪能できる作りになっていた。

僕は夜の部だけ参加でしたが、恐らく両方参加した人が多数だったと思われます。

 

<Gameの章>入場時全員に配布されたプレゼントはこちら。ステッカー。

f:id:purukogidon:20151227144201j:plain

 

物販では会報ファイル*1を購入。意外と並ぶことなくすんなりと買えた。なかなか可愛らしい。

f:id:purukogidon:20151227144200j:plain

 

会場入ってすぐのところでは『スクールカレンダー2016』よりブルーベリーの衣装を展示していた。黒ネコ集会ならでは!

f:id:purukogidon:20151227144158j:plain

 

さて、クリスマス近辺で行われる黒ネコ集会は2013年12月開催のVol.13以来2年ぶりのことだったけど、やっぱり今回も楽しかった。

purukogidon.hatenablog.com

 

司会はお馴染み鷲崎健さんとスターチャイルドの高橋さん。

<Gameの章>ということで、クリスマスイブイブの夜を彩るに相応しいゲーム企画で盛り上がりました。

一応ほっちゃんVSお客さんという構図で、勝った方がプレゼントをゲットできることに。

 

4人スピードゲーム

最初はカードゲームの定番「スピード*2」。

ほっちゃんが会場を徘徊し対戦相手を探す。現役学生は当然強いということで除かれ、独断と偏見(?)でとろそうな人が3人選ばれる。

舞浜アンフィシアターでカードゲームをやるなんて史上初なんじゃないか。

本当にとろそうな人が集まってしまったのか、はたまた堀江さんのガチプレイが炸裂したのか、勝利したのはほっちゃんだった。スピードだけに一瞬で決着がついてしまった。

というわけで、鷲崎さんから堀江さんへとクリスマスカードの贈呈。

 

神経衰弱

続いてのゲームは神経衰弱。今回のために大きい特製カードを用意し、ステージに散布した。

先ほどと同様に、お客さんの中からゲームへの参加者を選別。「パンツが見えちゃうといけないから…」と言いつつも、最終的には女の子も選んだほっちゃん

カードの柄は黒猫からわんこまで多岐にわたる。堀江さんク○ネコヤマトと呼んでいましたが大丈夫でしょうか。

お客さん側が優勢かと思いきや、ラストスパートおいしいところを持っていく形で、またしてもほっちゃん勝利。

 

人クマゲーム

次は人クマゲーム。…要するに人狼ゲーム*3のクマバージョン的なアレです。

ここでクマスターが登場し、ゲームマスターを務める。

4人の男女が選ばれ、ほっちゃん含め5人でスタート。例の如く人狼2人、占い師1人、村人2人が決定。

会場はリアクションでばれないように拍手。

堀江さんは開口一番占い師(ニセモノ)であることを宣言し、左端の男性が村人であることを言い当てる。その後右端の女性が占い師(ホンモノ)であると名乗り出るが、あえなく追放されてしまう。

結果的に堀江さんとその隣にいた女の子の人狼が勝利したというオチだが、実に策士であった。

堀江さん「女って怖いんだよ!」

・・・身に沁みます。

 

すごろくとサプライズゲスト

ゲーム企画もいよいよ大詰めですが、ここでステージ中央の開閉装置がド派手に作動し、 すごろくのコースと“サンタ姿のお姉さん”が王座に居座る形で登場。そう、たかはし智秋さんである。サプライズゲストだ。

というわけで、堀江由衣VSたかはし智秋ですごろく。たかはしさんは無理できないので、コースを立って進むのはスタチャの方の高橋さんが代行。

基本的にはサイコロを振って歩みを進め、止まったマスに記されているお題を実行する。MISSIONと書かれたマスもしかり。堀江さんが今年の失敗談としてリンスから先に髪につけてしまったと赤裸々に話したり、鷲崎さんの似顔絵対決をしたり、本来はたかはしさん用に設けられたであろうセクシーポーズのくだりをほっちゃんがやったり、ワニワニパニックほっちゃんがワニに噛まれたりと大盛り上がり。たかはし智秋流“ご参拝”も厳かに(?)皆で行った。

某8チャンネルのお昼の番組はサイコロトークだけど、こちらはすごろくトークかな?という塩梅に、トークも充実していた。もし宝くじで10億円が当たったら自身のライブイベントを開催したいと語るちあきんぐ。一方、ほっちゃんは10億円で洋服やブーツを買いたいとのこと。堀江さんらしい。また、2015年の目標を達成できたかどうかを答えるマスで、「早寝早起きを意識したら早寝早起きができなくなった」とほっちゃん。哲学を感じた。

最終的に先にゴールしたのはほっちゃんだった。

 

Yui4

お馴染みの企画「Yui4*4」。正解者にはサイン入りポスターが贈られる。

まああの、先に結論から言いますと、今回も正解者はゼロでした…!

お題は、トランプ4枚とRPGの職業4つ。特に前者、52枚と分母が決まってるって鷲崎さん言ってたけど、その中から4枚って想像を絶する確率なのでは…。

ちなみに、ほっちゃんの考えるRPGの職業4つは以下の通り。

  • 賢者
  • 僧侶
  • 勇者
  • 道家(武闘家?)

賢者・僧侶・勇者まで一致した人は割といたので、イケそうではあったが残念!

 

堀江由衣さんへの質問のコーナー

事前に黒ネコ同盟の会員の皆さんから寄せられた質問にほっちゃんが回答するコーナー。

Aice⁵関連では、Aice⁵のメンバーでグアム旅行に行きたいという話と、鍋奉行の話。先日神田さんの家で鍋パーティを開いたそうだが、たかはしさんがジュースをこぼしてあたふたしたとかなんとか。

堀江さんは6月に棚を買って未だに設置していないらしい。それと、シャンプーの大好きな堀江由衣さん、やっぱりシャンプー屋さんを自宅に呼びたいそうです。10億円当たったら。

ちなみに、2016年の目標は“優雅”とのこと。

 

なお、スタチャの高橋さんから今年3月に開催された代々木2Daysライブ『堀江由衣をめぐる冒険Ⅴ~狙われた学園祭~』のBlu-ray/DVDの発売も発表された。待望の映像化。こちらにも期待だ。

 

 

ライブパート

2015年12月23日
「黒ネコ集会Vol.15~Silent Night, Holy Night, Song Night, Game Night~」<Gameの章>セットリスト

1. アシンメトリー
2. 恋の天使 舞い降りて
3. HAPPY SNOW
4. Happy happy*rice shower

<Songの章>と比較すると曲数こそ少ないものの、<Gameの章でも>ライブパートは健在。先ほどまでとは打って変わって、妖艶さを感じさせる黒のドレスでほっちゃんの登場。

1曲目は最新シングルである「アシンメトリー」。チュッって口づけをするくだり、いいですよね。

2曲目はやまとなでしこの「恋の天使 舞い降りて」。まさかこの曲をやってくれるとは…!黒ネコ集会らしいというか、堀江由衣さんらしい選曲でもある。改めて聴くと、聖夜の特別感があって胸が躍ります。いい曲。イントロが流れた瞬間隣の人が「懐かしーっ!」と叫ぶだけある。

3曲目は「HAPPY SNOW」。堀江由衣さんのクリスマスソングの定番。こちらも煌びやかな曲で、“Merry Christmas”と繰り返すコーラスがやはり印象的である。イブイブに相応しい。

ところで、<Gameの章>ではホナン君のくだり(恒例)は時間の都合でカットになったとのこと。

エンディングでは今回の黒ネコ集会を彩った司会の二人、ゲストのたかはしさん、ダンサーの皆さんが登場。

終盤、たかはし智秋さんが語った、堀江由衣さんとのあるエピソードは本当に感慨深いものでしたが、ここでは割愛させていただきます。劇団堀江的に。“授乳的な何か”が行われたとだけ言っておきます。

ラストは恒例「Happy happy*rice shower」で大団円。

ほっちゃんが客席に向かってブーケを投げるくだりで、最初の一投目を盛大にミスって逆方向に投げたのは面白かった。そのとき堀江さんちょっとニヤリとしていた気がする。

 

というわけで、以上レポートをお届けしました。

堀江由衣さんのファンクラブイベントは本当に楽しいし、どこかほっとさせてくれるので好きなんです。毎回、絶妙な距離感と信頼関係で成り立っているイベントでもあると思います。

このような黒ネコ集会の企画に携わる堀江由衣さんおよびスタッフさん、演者の方々、そしてそれに協力する劇団堀江の皆さんには毎度感謝の気持ちでいっぱいです。

2016年も、堀江由衣さんの活動から目が離せません。次回の黒ネコ集会の開催も心待ちにしております。

 

やはり今回の黒ネコ集会、サブタイトルが「そして伝説へ…」でもおかしくなかったのでは…!?

*1:参考までに、1ポケットにつき1冊の会報を入れていくと全部で12冊収納できた。

*2:数字が1つずつ上下のカードを重ねていって、如何に手持ちのカードをなくすことができるかを競う。

*3:村人サイドと人狼サイドに分かれて戦う。制限時間内で誰を追放するのか議論するが、正直者だけでなく嘘つきも潜んでいるので熱い心理戦が展開される。

*4:堀江由衣ファンクラブ恒例企画。提示されたお題に従い堀江由衣本人との回答の完全一致を目指す。