読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束のカタコンベ

春一番よりもセンセーション

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2015-2016「プログラムcontinued」@市川市文化会館 ライブレポート

ライブレポート UNISON SQUARE GARDEN 音楽

今週火曜日にUNISON SQUARE GARDENのライブ行ってきました。千葉の市川市文化会館での公演です。

 

f:id:purukogidon:20151222045821j:plain

 

※ツアー開催期間中のためネタバレにご注意ください。

 

今年7月に発売したバンド結成10周年記念アルバム「DUGOUT ACCIDENT」を引っさげた全国ツアーで、千葉での公演はその中盤あたりになるのかな。ちなみに物販ではフルカラープログラムTシャツとタオルを購入。

 

さて、ユニゾンのライブなんですが、とにかく熱かった。ホールなのにライブハウスに匹敵する密度で、最初から最後まで盛り上がりっぱなしだった気がする。元々病み付きになるようなメロディーの楽曲が多いので、自然と体が動いてしまうというか、まあノリノリになるに決まってるよね・・・!

 

それと、ギター・ベース・ドラムというシンプルな構成ながらも、音の厚みが限界突破(?)していた。これぞユニゾンの醍醐味。コンビネーション抜群で力強く共鳴する、そんな威勢の良さに圧倒された。やはり生の音楽を聴くに勝るものはないようです。ライブ恒例「オンドラムス!タカオスズキ!」からの鈴木さんのドラムソロも興奮する激しさ。

 

途中のMCでは、ベースの田淵さんをボーカルの斎藤さんが弄り倒すという構図が出来上がっていた。

「人生にはモテ期が3回あるけど、田淵はその3回を全て地元の船橋で使い果たしてしまった」というお話。

どれも船橋出身の田淵氏の年長から小学校時代にかけて起こったことらしい。女子の間で取り合いにされたり、バレンタインデーの日に下駄箱開けたらチョコがドッサリ出てきたりなど。

 

中でも最後3つ目のモテ期に関して、船橋駅近くのイトーヨーカドーのエスカレーターで上がる間、容姿が可愛過ぎて(?)ずっとおっさんに耳たぶを触られ続けるという衝撃的で不憫(?)なエピソードも飛び出して会場を沸かせた。

しまいには、船橋出身!歌(コーラス)が歌える!ベースが弾ける!などの共通点から田淵智也ふなっしー説までも唱えられてしまった。なお、信じるか信じないかはあなた次第とのこと。

 

ところで、田淵さんが超人的な動きをするのはご存知の通りだけど、目の前で見るとなかなかの存在感。ライブDVDなどで観るのとはまた迫力が段違いである。後半、ステージを縦横無尽に駆けてベースを振り回していたせいか、ストラップが外れてしまう一幕もあった・・・!

 

というわけで、シンプルに音楽を楽しみたいならUNISON SQUARE GARDENのライブに足を運べば問題ないだろう。「僕らはこういう形でライブをやってるから、他のバンドとかと比べて物足りなく感じるかもしれないけど」なんてことを言っていたが、とんでもない。最高でした。

 

2015年12月15日
UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2015-2016「プログラムcontinued」
千葉県・市川市文化会館公演セットリスト
01. さわれない歌
02. kid,I like quartet
03. コーヒーカップシンドローム
04. 天国と地獄
05. きみのもとへ
06. 流星のスコール
07. オトノバ中間試験
08. シューゲイザースピーカー
09. 桜のあと(all quartets lead to the?)
10. オリオンをなぞる
11. チャイルドフッド・スーパーノヴァ
12. 夕凪、アンサンブル
13. 誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと
14. シャンデリア・ワルツ
15. パンデミックサドンデス
16. 徹頭徹尾夜な夜なドライブ
17. シュガーソングとビターステップ
18. 場違いハミングバード
19. プログラムcontinued
<encore>
20. 黄昏インザスパ
21. 箱庭ロック・ショー
22. ガリレオのショーケース