約束のカタコンベ

月の明かり 確かめて また今夜も眠ろう

Mr.Children"未完"ツアーを振り返る

Mr.Childrenが今年開催した「Mr.Children Stadium Tour 2015 未完」。

 

僕は9月5日の横浜・日産スタジアム公演の1日目に行って来たのだけれど、未だにアルバム「REFLECTION」が自分の中では熱い。間違いなく2015年を代表する一枚になったと思うし、いつも聴き入ってしまう。

 

REFLECTION{Drip}初回盤

REFLECTION{Drip}初回盤

 

 

今年の3月~6月にニューアルバムを引っ提げた全国アリーナツアーを敢行していたのは記憶に新しい。通常、アーティストはアルバムを出してツアーという流れを踏襲しているが、その逆、アルバムをツアー最終日(さいたまスーパーアリーナ公演)の6月4日にリリースするという後出しスタイルにしたことで、先入観なく新たな音楽に出会う感動を味わえたのではないかと。

 

その最終日はなんとMr.Children初のライブビューイング実施。全国の映画館で生中継。行こうとしていた埼玉公演のチケットを不運にも確保できなかったので、近場のTOHOシネマズにブラッドオレンジツアーのときのタオルを握り締めて観に行った。「会場に行きたかった…!生でMr.Childrenの音楽を聴きたかった…!」と胸の高鳴りを抑えられないでいたのはきっと僕だけではなかったはず。

とはいえ、スクリーン越しのライブもそれはそれで興奮するものだ。こちらもチケットは即日完売した気がする。

 

さて、「Mr.Children“未完”ツアーを振り返る」という記事タイトルは何だったのかと指摘されないようにそろそろ本題に入るが、まずは今回の未完ツアーもMr.Childrenのライブとして申し分なしの内容だったということを報告しておきたい。

 

f:id:purukogidon:20160621044511j:plain

f:id:purukogidon:20160621044520j:plain

 

実は野外でミスターチルドレンのライブを観るのは初めてで、なかなか趣があった。そよ風が気持ち良い中で熱い歌声とバンドサウンドを堪能した。

 

途中一雨きそうな場面があったものの、会場の圧倒的な熱気ではねのけることができた(ちなみにこの次の日の公演は大雨が降りしきる中のパフォーマンスだったらしく、それはそれで観たかった)。

 

MCで特に印象に残っているのは、「サポートメンバーのサニーさんはゆずで言うと岩沢くんぐらい重要なポジション」という桜井さんの発言。サニーゆず岩沢説が立証された一幕であった…!

 

セットリスト(記事最後に掲載)は往年の名曲からライブの定番曲、REFLECTIONから選りすぐりの曲など面白いラインナップだったと思う。全体的にロック色が強いかも。個人的にREFLECTIONの中で一、二を争うくらい好きな“運命”を生で聴くことができて最高だった。

 

アンコールでのみんなのスマートフォンの明かりを灯しながらの“I wanna be there”も印象深かった。日産スタジアムで数万人が同時にスマホ点灯するとあそこまで会場が煌びやかになるのかと驚いた。

 

…という風に、振り返ってみると本当に素晴らしいライブであったと言いたい。とりあえず、近々ブラッドオレンジ以来の映像化として、REFLECTIONツアーの最終公演の模様+ドキュメンタリー映画が収録されたBlu-ray/DVD『Mr.Children REFLECTION{Live&Film}』(2015年12月16日発売!予約せねば!)がリリースされるのでそれを心待ちにしたいと思う。家でじっくり“口笛”聴きたいぜ。

 

 

最後に余談、スタジアムツアー終了後そんなに間をおかずにスタートした例の2マンツアーも行く気満々だったのにあっけなくチケット争奪戦で敗れてしまった。いやもう、Mr.Childrenが歌う“リライト”もASIAN KUNG-FU GENERATIONが歌う“花”も気になるってレベルじゃねーぞ!!

 

2015年9月20日
Mr.Children Stadium Tour 2015 未完」日産スタジアム(1日目)セットリスト

01. 未完
02. 擬態
03. ニシエヒガシエ
04. 光の射す方へ
05. CHILDREN'S WORLD
06. 運命
07. FIGHT CLUB
08. 斜陽
09. I Can Make It
10. 忘れ得ぬ人
11. and I love you
12. タガタメ
13. 蜘蛛の糸
14. REM
15. WALTZ
16. フェイク
17. ALIVE
18. 進化論
19. 終わりなき旅
20. 幻聴
21. 足音 ~Be Strong
<encore>
22. I wanna be there
23. overture
24. 蘇生
25. fantasy
26. Tomorrow never knows
27. innocent world
28. Starting Over