読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束のカタコンベ

通り過ぎた道はすでに 僕の中じゃどうでもいいこと

ゴッド・ブレス・アメリカ 感想「この世はバカばっかりだ」

映画『ゴッド・ブレス・アメリカ』を観た。

世の中のありとあらゆるバカな人間を片っ端から抹殺していく中年男と女子高生の姿を描いた大胆な作品。

 

www.youtube.com

 

予告編を観る限りではブラックコメディ系映画を想像してしまうが、本編は意外とシリアスな内容だったと思う。

とにかくここぞとばかりに皮肉を効かせてくる。特定の映画を思いっきり名指しでdisるシーンとかある意味肝が据わっていた。その映画は観ていないので何言ってるかよく分からなかったが。

 

主人公のフランクが終始冷静沈着なのが良かった。女子高生と二人きりなのに一切手出ししないしね。ヒロインのロキシーは屁理屈を言いまくる女子高生だが可愛い。

ラストはまあそうなっちゃうよねという感じで何となく納得してしまうが切ない。

 

映画館でマナーを守れない輩を銃で撃ち殺すシーンは不覚にもスカッとした。世の中には"撃たれるべき人間"がいくらでもいるんだろうなという気持ちにもなる。改めて、日本だと絶対にできない内容である。

病みそうになったときに観たい映画。