読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約束のカタコンベ

春一番よりもセンセーション

堀江由衣をめぐる冒険Ⅴ~狙われた学園祭~ ライブレポート

ライブレポート 堀江由衣 声優 音楽

「※演出の都合上、ステージから遠いなど一般的にあまり良くないと思われる座席も当日まで分かりませんので、1枚のチケットを大事に頂けますと幸いです。(原文ママ)」という意味有りげなメッセージをチケットに込めるアーティストは堀江由衣以外にはまずいないだろう――

声優、そしてアーティストとして第一線で活躍する堀江由衣のライブ『堀江由衣をめぐる冒険Ⅴ~狙われた学園祭~』が3月7日・8日の2日間にわたって東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催された。
自身のライブとしては前回『堀江由衣をめぐる冒険Ⅳ~パイレーツ・オブ・ユイ 3013~』から2年ぶりのこととなる。

 

f:id:purukogidon:20151222054334j:plain

 

 …両日行ってきた。


「劇団堀江」と本人自ら銘打つ冒険シリーズ。コンサートと演劇が見事に融合したかのような既存の枠にとらわれない一大エンターテイメントショーが展開されるのが彼女のライブの特徴であり、勿論今回もそんな遊び心は健在だった。16000人もの「生徒」を熱狂の渦へと巻き込んだ2日間の「学園祭」を振り返る。

その前に個人的な事情を挿むとすれば、ほっちゃん(以下、ほっちゃんやら堀江由衣やら堀江さんやら適当に)のライブというかイベントへの参加は2013年12月開催のファンクラブイベント以来のことである。

 

 

久しぶりに堀江さんを拝見するとなると、何故かは知らないが独特の緊張感を覚えるもので、このライブ開始直前は本当に胸の高鳴りを抑えられなかった。

まずは開演までの間、恒例のやまびこ講座。
「練習した曲をライブでやるとは限りません!」と釘を刺されながらも、この時間でコールのタイミングなどを再確認できた。劇団員はもうここからモードに入る。
クマスタ男(クマスター)からは“青クマ学園校歌”のレクチャーもあった。

各自大盤石の備えができたところで、いよいよライブ本編(=劇)がスタート。
お約束の寝坊ネタで自転車を漕ぎながらほっちゃんの登場。
エコー女子学院への登校を飾るは疾走感のある最新曲“
Stand Up!”。開幕にふさわしい一曲だった。

勢いはそのままに、エネルギッシュなナンバー“
YAHHO!!”で会場の温度を上昇させていった。
懐かしい匂いのする“
Word I need”はAice5時代の一曲。クラップユアハンズよろしくな掛け合いが印象的だった。 そして、ピンクマちゃんが青クマ学園の「とある生徒」にラブレターを渡す色恋展開とともに、“Happy End”“Little Honey Bee”が披露された。
後者はピアノ一本で進行する曲だが、不思議なことにこの一幕がピックアップされて絶賛される事態へと後々発展することになる。

清竜人楽曲としてお馴染みの“
半永久的に愛してよ♡”では、まるでハートがそこかしこに飛び交うかのように独特のムードに包み込む。曲終盤の「なーんてね♡」で見事にハートを撃ち抜かれた者は大勢いたことだろう。
なお、この曲は『ゴールデンタイム』タイアップ4曲の中では本公演唯一のセットリスト入りである。ご存知の通りA面扱いではないが、そのあたりもほっちゃんのライブらしさを感じさせてくれる。

ジャングルジムが映える中央ステージでは、
バラード曲“Garden”でしっとりと響かせた。夕暮れの公園の情景がふわり思い浮かぶような、そんなノスタルジックさを秘めていた。

続けて、今回のめぐる冒険を象徴する曲でもある“青クマ学園校歌”を会場全体で斉唱。
ここでは青クマ学園の生徒たちによるアクロバティックなダンスパフォーマンスも見所だった。

ほっちゃんが男装して青クマ学園に潜入し、ピンクマちゃんのラブレターを取り返しに行くという物語の進行に合わせて披露されたのは“MISSION”。前作アルバム『秘密』収録曲。
クマスタ男が持っていた手紙は学園祭の中止を促す脅迫状と判明し、「狙われた学園祭」のサブタイトルを回収していく。
潜入したほっちゃんは「堀江由衣男(仮表記)」として馴染んでいた。男子校に転校したというていだが、要するにほっちゃん

エコー女子学院の生徒であるほっちゃんが青クマ学園の学園祭に忍び込み、そのメイド喫茶にピンチヒッターとして女装して…という若干入り組んだ流れになりながらも、
<RED DAY>ではBaby,I love you!”、<BLUE DAY>ではSecret Garden”がそれぞれ披露された。
メイド姿のキュートなほっちゃんがさらにオーディエンスを沸かせた。

可愛らしさはそのままにこれまた胸キュン方面な“ほんのちょっと”の後は、男子校の学園祭の定番である女装大会に。“
Go! Go! Golden Days”は恰好のコール&レスポンス曲だ。
青クマ学園で女装した男子を見て目覚める…的なあっち系(?)の会話が展開されていた。
堀江由衣男の可愛さに頷くのは造作でもなかったはずだ。

ライブも中盤に差しかかり、“
True truly love”で着実に盛り上げた後は、学園祭ライブでほっちゃんが再びなりきることに。「三代目K黒薔薇保存会」の出番である。
まずは一曲、それぞれその日のカラーに合わせて<RED DAY>レッドシグナル”、<BLUE DAY>BLUE HEAVEN”。
煌びやかな照明をバックに、あの日のバンドが蘇った。
早くも次で最後の曲になると聞いて「えーーーっ!?」と惜しむ会場の声に応えるかのように“
満天プラネタリウム”で全力投球し(実際にサインボールも投げていた)、三代目K黒薔薇保存会のゲリラライブは終了。
ところで、
三代目K黒薔薇保存会の元ネタはきっと某ザイル系統の某グループだと思われるが、それを彷彿とさせるダンスをしていたのは記憶に新しい。

学園祭ライブ自体はまだ終わりではなく、続けてミス・モノクロームが登場。潔く写真集の宣伝を織り交ぜた後に“私だけの物語”を披露。
“Never Ending Story”はモクちゃん曰く「踊れる曲」とのことだったが、意外にもダンスの難易度は高かった。振り付けは是非とも覚えたいところ。

暗転し、クマスタ男が青クマ学園十七不思議の一つであるトイレのトモコさんに立ち向かっていた。少々のホラーテイストな映像から“
ミステリー…”へ。『ワールドエンドの庭』の中でもファン人気の高い楽曲で、CDとはまた一味違った顔を見せてくれた。

場面は時計台へ。時限爆弾のカウントダウンが進む中、赤と青どちらのコードを切ればよいのかというよく見る展開になった。これも1日目と2日目で切るべき色のアピールが違った。
最適解は、両方とも切らないことだった。これには先述のトイレのトモコさんの成仏がうんぬんかんぬん。
カウントダウンに沿って“
Lady Go!”に突入。これもAice5の曲であり、コールが冴え渡った。

青クマ学園の学園祭もいよいよ大詰めの後夜祭へ。
終盤はライブの定番曲と言っても過言ではない“スクランブル”、CDでは囁くような「大好き」だったものが叫ぶような「大好きー!」に変貌した“Girl Friend”、ジャンプが止まらなくなる“
Love Countdown”と畳みかけるように続く。
“CHILDISH♡LOVE♡WORLD”では会場を大きく揺らす…まさにライブのためにあるような一曲だと改めて感じさせてくれた。

狙われた学園祭事件の顛末が分かり、いよいよエンディングへ。全ての生徒の想いを包み込むように“
Stay With Me”でラストを彩る。
きっと忘れられない、エモーショナルな歌詞とメロディーで会場一丸となりつつ、本編終了。

アンコールでは、少し長めのMCタイム。
<RED DAY>では次の日でこうしてほしいというほっちゃん団長からのアドバイス…というか注文が怒涛のように飛び出す。劇団堀江の完成度をさらに高めようというほっちゃんの思惑が垣間見えていた。<BLUE DAY>ではゲストCVの話から、今回の代々木2daysライブの総括まで。

そして再びライブパートも。“PRESENTER”では両日曲の出だしを飛ばしつつも(!)、代々木は情熱と高揚感に満ち溢れていた。
最後の最後は“Happy happy*rice shower”で圧巻のグランドフィナーレを迎え、学園祭は閉幕した。

冒頭で言ったように、堀江由衣のライブでは一つひとつの座席に無駄がない。トロッコで会場を縦横無尽に駆け巡るのもほっちゃんならでは。
言うまでもないが、劇団堀江の「一体感」には参加したこちらとしても目を見張るものがある。ある意味皆で作り上げたライブだからこそ、終演後に満足感や幸福感をたまらなく覚えるものだと、ライブに多数参加している人ならよくご存じだろう。
この冒険に終わりなどないはず。またこの「劇団員」になれる日はそう遠くないのかもしれない。次なる冒険が開幕するそのときまで期待しておこう。 それにしても、ピアノ一本でLittle Honey Bee”を歌い切った堀江由衣さんは凄い。やはり「永遠の17歳」という肩書きに嘘偽りなどなかったのだ!ほっちゃーん!ほ、ほーっ、ホアアーッ!!ホアーッ!!
…と、誰かに言えと言われた気がしたので最後に言っておきました。

 

2015年3月7日『堀江由衣をめぐる冒険Ⅴ~狙われた学園祭~<RED DAY>
セットリスト

01. Stand Up!
02. YAHHO!!
03. Word I need
04. Happy End
05. Little Honey Bee
06. 半永久的に愛してよ♡
07. Garden
08. 青クマ学園校歌
09. MISSION
10. Baby,I love you!
11. ほんのちょっと
12. Go! Go! Golden Days
13. True truly love
14. レッドシグナル
15. 満天プラネタリウム
16. 私だけの物語
17. Never Ending Story
18. ミステリー…
19. Lady Go!
20. スクランブル
21. Girl Friend
22. Love Countdown
23. CHILDISH♡LOVE♡WORLD
24. Stay With Me
<encore>
25. PRESENTER
26. Happy happy*rice shower

2015年3月8日『堀江由衣をめぐる冒険Ⅴ~狙われた学園祭~<BLUE DAY>
セットリスト

01. Stand Up!
02. YAHHO!!
03. Word I need
04. Happy End
05. Little Honey Bee
06. 半永久的に愛してよ♡
07. Garden
08. 青クマ学園校歌
09. MISSION
10. Secret Garden
11. ほんのちょっと
12. Go! Go! Golden Days
13. True truly love
14. BLUE HEAVEN
15. 満天プラネタリウム
16. 私だけの物語
17. Never Ending Story
18. ミステリー…
19. Lady Go!
20. スクランブル
21. Girl Friend
22. Love Countdown
23. CHILDISH♡LOVE♡WORLD
24. Stay With Me
<encore>
25. PRESENTER
26. Happy happy*rice shower