約束のカタコンベ

通り過ぎた道はすでに 僕の中じゃどうでもいいこと

冬なのに、いまいち冬という気がしないのは何故だろうかと考える。

確かに日中寒いし、静電気もよく帯びるし(これは体質の問題)、吐く息も白いと言えば白い。
でも“雪”が足りないんだよね。もっともっと“雪”を見て冬を感じたい。

というわけで近々雪国に舞い戻って白銀の世界を目に焼き付けたいと思う。
ちなみにゆずの「いつか」は冬の定番というかド名曲だけど、個人的にはThe Little Monsters Familyの「星がきれい」も推したい。冬の星空の中聴こう。

 

星がきれい

星がきれい